一般的な退職を伝えるタイミングはいつ?どんな方法がある?

general-retirement-method退職

いざ退職を決めたとしても、その後のことを考えどう行動して良いのか分からず不安に思っているということはありませんか?

できれば誰しもトラブルなく退職をしたいと考えるのではないでしょうか。

円満な退職をするにはタイミングと方法がとても重要になります。

 

 

この記事では以下の内容が分かります

 

・退職を伝えるタイミングは

・退職を伝える方法はどんな形

・退職を伝えた後の流れと、やること

・退職を伝えた後の会社での雰囲気

・退職を伝えるタイミングがイレギュラーな場合

 

 

この記事を読むことで、一般的な退職について理解が深まるので、辞めるタイミングを間違えることなく、円満に辞めれるようになります。

一般的に退職を伝えるタイミングはいつ?

一般的に退職日の1~3か月前に退職の意思を伝えるのがマナーと言われています。

しかし会社の就業規則によって違いがありますので、まずは自分の会社の規定を確認しましょう。

その上で引き継ぎにかかる時間や人事異動の時期などを考慮し、なるべく周囲の人に迷惑をかけないように早めに伝えることが大切です。

 

法律的には2週間前までに退職の意思を伝えれば辞めることは可能ですが、ブラック企業で辞めさせてもらえなかったり心身の不調が理由であるなど余程の事情がない限りおすすめすることはできません。

 

退職を伝えるタイミングは、どんな時に、どんな形が良い?

・まずは直属の上司に伝える

・事前にアポイントを取り静かな場所を選ぶ

・直接口頭で伝える

・退職の理由は前向きに

 

初めに直属の上司に退職の意思を伝えます。いきなり人事に伝えたり、同僚からの噂を直属の上司が聞いて知るようなことが無いよう気を付けましょう。

上司には業務が始まる前や終了後など忙しくない時間帯を選び「ご相談があります」と言って日時のアポイントを取った上で、会議室など静かな場所で口頭で退職の意思を伝えます。

お酒の席や食事を取りながら報告ということは望ましくありません、またメールや電話で伝えることも避けましょう。

 

 

退職理由はあくまでも前向きな理由を伝えます。

例え職場に不満があっても円満に退職をするためには個人的な理由にすることが賢明です。

強く引き止められることもありますが、強い意志を持ちつつも丁寧な態度で話をする心がけましょう。

退職を伝えた後の流れと、やること

・上司と退職までのスケジュールを決める

・受け取るもの、返すものを確認する

・引継ぎはしっかりと行う

・転職活動

 

 

退職の意思を伝えたら、上司と今後のスケジュールを相談します。

引継ぎや取引先への挨拶、有給の取得など双方確認の上退職日を決め、その後社内規則に沿って退職手続きを行う流れです。

退職願は会社から承認を得て退職が決定している場合に使用し退職届は会社に対して通告する際に使用するため、通常は退職願を提出することになります。

 

退職する際は様々な書類のやり取りがあります。会社から受け取る書類や逆に貸与品など返却するものの漏れがないようチェックをしましょう。

後に残された人が困らないよう引継ぎはしっかりと行い、誰が見ても分かるよう書面に残しておきましょう。また私物を残すことがないよう片付けもきちんと行ってください。

退職後のプランが決まっていない場合は転職活動を同時に進めていく必要があります。

在職中に次の就職先が決まっていないとその後の生活の心配をしなければなりません。なるべく次の仕事を決めてから退職することをおすすめします。

退職を伝えた後の会社での雰囲気

退職を伝えた後、上司や同僚と気まずくなるのでは?

と心配してなかなか退職を言い出せないということはありますが、良い雰囲気で送り出してもらえる人がいる一方、関係性が悪くなり気まずいまま退職を迎えることがあります。

退職の時期や退職が決まってからの自分の行動で雰囲気が良くも悪くもなるということを知っておくと良いかもしれません。

 

良い雰囲気

・最後まで気を抜かずに仕事をする

退職が決まると気持ちが次の職場へと向いて仕事が疎かになりがちになることがありますが、一緒に働いている同僚たちは良い気分がしません。

引継ぎや事後処理などやるべきことをしっかり行い最後まで気を抜かない姿勢を見せることで良い雰囲気を保つことができるでしょう。

・退職時期を選ぶ

退職者がいることにより、ただでさえ皆に負担をかけるのに繁忙期や人事異動直後、プロジェクトの立ち上げ時期などで忙しくなる時期と被ると周囲の心証が悪くなります。

退職時期は上司と必ず相談をし残された人がなるべく負担にならない時期を選ぶことが大事です。

 

悪い雰囲気

・会社の不平不満を言う

誰しも多かれ少なかれ会社に対して不満があるのが普通です。

つい悪口を言いたくなる気持ちはよく分かりますが、一緒に働いている仲間は今後も働いていかなければならない職場ですし所詮辞めていく人間の不満など聞きたくはありません。

心の中では何を思っても良いですが、会社に対してネガティブな言動は控えるようにした方が賢明でしょう。

 

・相手の嫉妬

退職の意思を伝えた途端に今まで仲の良かった同僚達の態度が冷たくなるということがあります。

不満を抱えながら仕事をしている中で、一人だけ抜け出せることに羨ましさを感じてそのような態度に出てしまうことが考えられます。

 

気を付けなければならないのは無意識にでも新しい職場の自慢になるような話をしないことです。

聞かれたことにだけ答え自慢になるような話し方をしないように気を付けましょう。

それでも態度が変わらなければ、残念ですが自分の仕事を淡々とこなし必要以上に関わらないようにしましょう。

退職を伝えるタイミングがイレギュラーな場合はどうする?

退職をする理由としては様々な理由があり、中にはやむを得ない事情により退職をしなければならない場合がありますね。

どのような理由がありどう対処すればよいのかご説明します。

 

・病気や怪我、事故

怪我や病気などで働くことができなくなった場合、一般的には休職制度を使って療養し期間が満了しても復職できない場合は退職扱いとなります。

まずは人事権を持つ人に退職の意思を伝えましょう。

この場合必ずしも直属の上司でなくても構いません。

会社からの指示を仰ぎ退職に伴う手続きを行います。本来であれば会社に出向くものですが、療養中で外出もままならない状況であれば電話やメール、郵送という手段を使っても良いでしょう。

退職届を郵送で送る場合は確実に届くよう内容証明郵便を使います。

そして挨拶文と郵送になってしまったことへのお詫びなどを記載した添え状を用意することをおすすめします。

 

・急に2週間以内に辞めなければいけなくなった場合

再就職先が決まりすぐに働いてほしい等、急遽会社を辞めなければならないことがあります。

法律上では最短2週間前に申し出る必要がありますが、会社との合意があればそれよりも前に退職することは可能です。

まずは会社に相談をしてみることをおすすめします。万一揉めたとしても、会社側が退職届を受け取ってから2週間後には辞める事ができます。

・メンタルが病んで出社出来ず言えない場合

退職したくてもメンタルの問題で出社できず伝えられない場合は、退職代行サービスと使うという手段があります。

本人に代わって退職届を提出したり、退職に伴う諸々の手続きも行ってくれます。

ただし揉めてしまった場合など交渉が必要になった場合は退職代行サービスでは違法行為となるため対応ができません。

弁護士に相談をするなど別の対応方が必要となります。リスクを承知の上で利用しましょう。

退職を伝えるタイミングの情報まとめ

退職を伝えるタイミングや方法により、退職日までの時間を平穏な気持ちで迎えられるのか気まずく過ごすのかが決まるといっても過言ではありません。

また退職を伝えた後の自分の行動も重要になってきます。新たな気持ちでスタートをするためにも、気持ちよく退職できるように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました