工場勤務が地獄、、、そんな風に思った時に考えるべきこと

退職

 

工場勤務してみたけど、地獄

地獄だけどどうすれば良いかわからない

 

このような悩みを解決します。

 

 

 

 

結論から言うと、工場勤務が地獄だと思った時に、原因等を知ることで改善できる可能性もあります。

 

ですが、工場で働いてる上で人間関係が嫌になったり、残業が多くストレスを抱える場合は転職するのが確実で根本的な解決になります。

 

この記事では、様々なケースの対策などを書いているので少しでも参考になれば幸いです。

 

 

地獄の工場から抜け出すにはコチラ

経歴に不安があるなら【就職shop】

リクルート運営の転職支援サイト
書類選考なし、未経験、20代におすすめ!

国内優良企業は【マイナビエージェント】

国内に太いパイプがあるマイナビならではのサービス
非公開求人が多く、エージェントも親身!

転職満足度No.1なら 【doda】

大手に強い転職エージェント
経歴が良い方におすすめ!

 

 

工場勤務が地獄だと思うときに考えるべきこと

毎日工場で働いていると、悩みが多いです。

工場では働いてる人数が多いので、上司に相談しても話を聞いてもらえないことがあったり、閉鎖的な環境から浮いていると孤独感を感じやすい職場です。

 

辛い部分や環境を変えたい人は、次の3点を考えてみましょう。

 

・会社の環境や条件を見直してみる

・辛い部分を書き出し対策

・自分に工場勤務の適正があるか

 

詳しく解説していきます。

 

 

会社の環境や条件を見直す

辛い工場で働いていると、環境や条件が募集要項と合ってない可能性がありますので、規定を見直す必要があります。

 

 

工場内の室温は夏場と冬場でとても環境の変化が激しく体力的な仕事も多いので、体が弱かったりなどで自分にあってない場合は、熱中症になったり体を壊しやくなってしまうかもしれません。

 

そんな時は上司に相談して室内の換気をして良いか、空調服や電熱ベストの着用や支給、スポットエアコンの導入について話してみましょう。

 

一度見直すことで、今後働いてる間ずっと快適な状況で普段より楽に仕事が出来るかもしれませんので、積極的に見直していくことが大切です。

 

 

あまりにも劣悪な環境なのにも関わらず、対応してもらえない場合は「労基に相談する」ということで考え直してくれるかもしれません。

体が限界の場合は万が一のため、証拠写真を撮っておくことで問題があったときに有利に働きます。

 

 

辛い部分を書き出し対策する

辛い部分を書き出すことは、原因が明確化されるので対策が立てやすくなります。

 

書き出したメモを見直してみて大変だった事を、一つずつ改善していけば環境は良くなっていくはずです。

 

無理かも

 

と諦めてることも考えることで解決出来るかもしれないので、一度考えてみましょう。

 

 

自分に工場勤務の適性があるか

工場で働いてみて大変だと感じた時は、一度工場での仕事が「自分に合っているか」考えてみましょう。

恒常は単純なライン作業が多いので、同じことを繰り返しやっていくことが普通です。

 

毎日同じことを繰り返す作業が大変だと感じたのであれば、仕事自体を考えた方がいいかもしれません。

 

工場勤務は本当に地獄なのか考える

世の中では工場は3K(キツイ・汚い・危険)と言われる仕事なので、工場で仕事をしてる時はストレスを感じやすいかもしれません。

ですが、最近の工場の仕事は労働環境が良くなってきています。

 

・定時出社、定時退社は仕事の中でも珍しい

・劣悪な環境ばかりの工場ではない

・人間関係で揉めたら改善が難しい

・出世という概念がなく閉鎖的

 

詳しく解説していきます。

 

 

定時出社、定時退社は仕事の中でも珍しい

基本的にチャイムと共に始業し、チャイムで片付けてをするので、営業職や技術職よりも定時で帰れることが多いのは事実です。

 

残業が多すぎる工場はその限りではありませんが、世の中的には定時が守られやすい職種であることは間違いありません。

 

 

 

劣悪な環境ばかりの工場ではない

労働基準法が厳しくなるにつれ、工場の環境も良くなっています。

作業の効率化をするために冷暖房を設置したり、危険を伴うことが多いところにはセンサー付きのロボットを配備している所も多いです。

 

まだ全体的に出回ってはないですが、昔に比べるとどんどん工場に導入されて簡素化されてきています。

自分の会社が劣悪な環境だと感じたのであれば、1回他の工場を見学してみるのも良いです。

 

 

人間関係で揉めたら改善が難しい

工場では仕事仲間との人間関係がありますので、仕事の話をしなければならないので揉めることがあります。

 

その時に揉めた後の人間関係を修復することはが難しくても、仕事の話はしなければなりません。

 

人間関係がうまくいかない職場に就職してしまうと、人間関係にずっと振り回されるかもしれません。

 

 

 

出世という概念がなく閉鎖的

基本的に工場の作業員には役職がなく、あったとしても上が詰まっていたり、責任が増えるだけだったりします。

 

同じ環境、同じメンツでずっと働くので、思考や行動も閉鎖的になりがちです。

野心がある人や、人に従いたくない人には苦痛に感じるでしょう。

 

 

工場勤務が地獄すぎてどうしようもない場合

あまりにも工場勤務がキツすぎる時は、この2つを考えてみましょう。

 

・他職に転職する

・限界の場合は退職する

 

詳しく解説していきます。

 

 

他職に転職する

いつまでも自分に合わない仕事をすることは、ストレスも感じやすく幸福度も下がります。

 

 

仕事は人生で1番時間を捧げるものなので

仕事を楽しくやれる人の幸福度は高い

このような研究結果も出ています。

 

 

工場が地獄だと感じるなら、まずは他の世界を知り、考えてみることで新しい道が見つかる可能性が高いです。

 

ですが、どうして良いかわからない場合には、とりあえず転職エージェントに登録して適性がある仕事を教えてもらえば良いと思います。

 

 

実際に転職支援を使って転職した体験談があるので、興味がある方に読んで頂けたら幸いです。

 

 

 

限界の場合は退職する

工場勤務の仕事で限界を感じてしまった場合は退職をオススメします。

限界を感じてしまう時は精神的にも体力的にも不安定な状態になっているので、ストレスからうつ病になってしまう可能性が高いです。

 

そのまま頑張っていても、自分の為にはならず会社にも迷惑をかけてしまいます。

 

ですので、自分のためにまずは仕事から逃げて、自分を守りましょう。

何よりも健康な心と身体が第一です。

 

 

 

工場勤務が地獄の時の情報まとめ

工場勤務が地獄、、、そんな風に思った時に考えることをご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

まず、工場勤務が地獄だと考えるべきこと、どのような方法があるのか。

 

 

そして、そのまま工場勤務が地獄なのかを考える時は4つあります。

 

「定時出社、定時退社は仕事の中でも珍しい」

「劣悪な環境ばかりの工場ではない」

「人間関係で揉めたら改善が難しい」

「出世という概念がなく閉鎖的」

 

 

最後に、工場勤務が地獄すぎてどうしようもない場合、他職に転職すること・限界の場合は退職する、その時の対処方法があることをお伝えしました。

 

そのまま工場勤務が地獄だと感じ、会社に行かなければならない時の先の見えないような不安を解消し、まず何から始めるといいかがわかったのではないでしょうか。

この記事の内容を活かすことで、たとえ工場が地獄だと思える期間も決して無駄ではなく、次の段階へいく階段だったのだと感じて頂けたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました