連休明けや休み明けに仕事を辞めるのはあり?【死にたくなる】

after-the-golden-week-holidays-quit-work退職

もう泣けるくらい連休明けが無理だ。

仕事はこのままやめよう

 

連休中にやめると決心したけど、どうすればいいの?

 

 

連休明けは、死にたくなるから仕事辞めたい

 

このような悩みを解決していきます。

 

 

この記事の内容連休中にやめるのはあり?

連休明けに急に仕事辞めれるの?

連休明けに死にたくなったときの対策

連休明けに仕事をやめるデメリット

連休明けにストレス0でやめる方法

 

結論から言いますと、連休明けや休み明けに仕事をやめても全然大丈夫です。

 

 

ですが、辞め方や立場によっては会社ともめてしまったり、嫌がらせをされたりします。

 

この記事を最後まで読めば、どんな状態でも「今すぐ円満退職」できるようになりますので、よろしければ最後までお付き合い下さい

 

 

連休明けに仕事を辞めるのはあり? 【もちろん”あり”】

after-the-golden-week-holidays-quit-work

連休中に仕事をやめるのはもちろんアリです。

連休中は日ごろの疲れが癒えているので、心身共に健康ですので、その時に思っていることは本来の自分の本音です。

 

 

連休明けの仕事のことを考えて泣いたり、どうしようもないくらい憂鬱になってしまった場合は、「病んでいる」可能性が高いです。

 

連休中に冷静に考えた結果「辞める」と決心できたら、そのまま辞めることを真剣に考えましょう。

 

そもそも連休明けに仕事を辞めることは可能?

after-the-golden-week-holidays-quit-work

連休中に仕事を辞めることは可能です。

退職は自由と民法でも記載されているので法律的にも大丈夫です。

 

民法第627条第1項によると、2週間以上前であれば退職は可能となっております。
民放第627条

 

 

「会社の就業規則は1ヶ月前に退職願を出さなければならない」

などの記載がありますが、退職届を出した後の2週間は有休休暇や、欠勤扱いにしてもらえばそのまま辞めることが出来ます。

 

連休明けに死にたくなる時の対策【仕事やめる前に】

after-holiday-commit-suicide-counterplan

連休明けの死にたくなる時の対策として有効なのが、「休日」と「日常」のギャップを小さくすること、環境を考えることが重要です。

 

・連休を規則正しく過ごす
・休日は疲れ切るまで活動する
・早く寝ること
・仕事を休む

 

詳しく解説していきます。

 

 

連休を規則正しく過ごす

休日でも規則正しい生活は、体やメンタルにとても重要な要素です。

 

・毎日決まった時間に寝て起きる

・日光を浴びて歩く

・同じ時間にごはんを食べる

・深酒、夜更かしをしない

 

 

休日に規則正しい生活をするのは難しいですが

なるべく心がけましょう。

 

規則正しい生活を送ることで、自律神経を一定に保つことが出来て、連休明けの仕事も普段通りに行けるようになります。

 

 

休日は疲れ切るまで活動する

「疲れ切るまで活動するなんて大丈夫?」

と思うかもしれませんが、休日でも簡単なストレッチやジョギングをしてみましょう。

 

身体に適度な疲労があると、睡眠の質が良くなります。

休日に疲れ切るまで活動することで、充実感を味わえてストレスの発散にもなります。

 

 

早く寝ること

これは上の2つとも関係がありますが、睡眠は心身の健康にとても重要です。

 

寝不足だとパフォーマンスも下がり、活力も湧いてきません。

 

普段から早寝早起きをして朝日をしっかり浴びることで、生活リズムを取り戻しながら、ポジティブなメンタルになっていきます。

 

 

仕事を休む

どうしても連休明けの仕事がつらければ、いっそ休むのも手です。

 

死にたいと考えてしまうのは、心が弱っている証拠ですし、長めの休息をしっかり取ることで、心も落ち着くかもしれません。

自分を見つめて将来を考える時間にすることも、たまには必要です。

 

連休明けで仕事を辞める前に考えること【死にたくなる人】

after-holiday-commit-suicide-counterplan

上記の対策をしても連休明けに死にたくなってしまうのなら、もしかしたら精神が病んでいるかもしれません。

 

そんな時に考えることは以下の3つです。

・精神が限界のサインとは?
・医師に相談する
・会社を辞めること

それぞれ解説します

精神が限界のサインとは?

どんな時でも「死にたい」と考えてしまう時点で、精神は相当弱っています。

その状況が進行すると

 

何もやる気が出ない。

趣味もしようと思えない…。

 

このように、好きだったことにすら無気力になってしまいます。

 

連休中でも仕事が始まることを考えて、何も手につかなくなってしまったり、吐き気や涙が出る場合は危険です。

このような症状は精神が限界のサインだと思った方がいいです。

 

 

医師に相談する

厚生労働省の相談ダイヤルでも良いですが、上記のような限界のサインが出てる場合は、医師の方に相談しましょう。

 

内科は精神的な症状も診察してもらえますので、まずは内科に行き医師に判断してもらい、必要であれば専門家への紹介状や、診断書をもらいます。

もし、休職するとしても両方とも役に立ちますし、自分の現在の状態を知れますので、気後れせず病院に行って下さい。

 

会社を辞めること

もし、どうしようもなかったら会社を辞めるのが、1番確実です。

貯金がなくても、生活保護などの国の保障がありますので、生活面は最悪大丈夫です。

 

まずは、自分を大切にしましょう。

鬱になったら取り返しのつかない状況になる場合もありますので、自分のためにも、早めに行動してあげて下さい。

 

連休明けに仕事を辞めることで、自分にデメリットはある?【休み明け】

after-the-golden-week-holidays-quit-work

会社を連休明けに辞めることで、このようなデメリットが考えられます。

 

・辞め方次第で嫌がらせ

・連休明けに追われる対応

 

解説していきます。

 

辞め方次第で嫌がらせ

こちらから一方的に辞めて引継ぎもせず、電話にも出ない。

このような場合嫌がらせを受ける可能性もあります。

 

実例として聞いたことがあるのを紹介します。

 

・離職票をもらった時に、なぜか懲戒解雇にされていた

・手続きの書類が送られてこない
・退社拒否で、休職扱い

 

結構、悪質な嫌がらせをしてくることもあり得ます。

 

万が一、懲戒解雇になると、今後の人生が少し大変になることも考えられます。

 

 

連休明けに仕事を辞める時に追われる対応

連休明けに特に準備もしていない状態で仕事を急に辞めると、このようなことが起ります。

 

  • 鬼のような電話がくる
  • 緊急連絡先に電話が行く
  • 上司が自宅にくる
  • 退職後のやりとりで嫌がらせ

 

連休中に仕事を辞めた場合、会社と関わりを持たず、円満に退職することは正直厳しいです。

 

連休明けや、休み明けに仕事を辞める方法は?【メンタルはきついかも】

after-the-golden-week-holidays-quit-work

連休明けに仕事を辞める方法は3つあります

・郵送

・電話

・退職代行

 

自分で会社との退職のやり取りが苦じゃない人や、文句や嫌がらせも気にしない方は、郵送か電話で退職しても良いと思います。

少しでも退職のストレスを感じるのが嫌な方には、退職代行がおすすめです。

 

詳しく解説していきます。

 

 

郵送での退職

保険証や退職届等、各種書類の提出が退職には必要となります。

 

会社に予め必要書類だけ確認できれば、郵便局で必要なものは提出できて簡単に終わりますが、注意が必要です。

 

詳しく知りたい方は下のリンクをご覧ください。

 

 

電話での退職

書類提出以外にも引継ぎであったり、最低限の出社は要請されることが多いですが、会社に行かなくても辞めることは可能です。

 

電話を使って退職する場合の手順を解説しますと

 

・直属の上司に電話する

・「絶対にやめます」と言い切る

・辞める理由は一身上の都合

・提出書類の確認をする

・必要書類を送ってもらう

 

これで完了になります。

何回かやり取りがあると思うので、書類などの抜けが内容に気を付けましょう。

 

 

退職代行での退職

退職代行での退職は一番簡単です。

 

退職代行で辞める手順はこの通りです

・退職代行会社を選ぶ
・無料相談
・支払い
・必要な物の郵送

 

デメリットはお金がかかることぐらいです。

 

連休明けにストレス0で仕事を辞めるには?【おすすめ】

 

連休明けにやめるのって

実際ハードル高くて無理

 

連休明けに見切りをつけたけど

気まずくて自分で言えない

 

休んだ後なのに「やめます」なんて言えませんよね?

 

 

それでも会社となるべく関わらず辞めたい方は、退職代行がおすすめです。

 

退職代行にお願いすれば、その日付けで会社に行かなくて済むので、会社と一切関ることもなく「円満退社」という形にしてくれます。

 

控えめに言っても、便利すぎてストレスも全くかかりません。

 

その退職代行の中でも「最強」と言われて数々の実績を残しているのが、労働組合の「退職代行SARABA」が安心です。

 

taisyokudaikou da-dexian

 

 

他の退職代行サービスも見たい方は、ランキング記事も作ってありますので、よろしければご覧ください

 

 

連休明けに仕事を辞めたい時の情報のまとめ

after-the-golden-week-holidays-quit-work

最後にこの記事をまとめますと

 

・辞めることで心が健全になれる

・法律的には2週間以上前であれば辞められる

・対面したくない時の辞め方は郵送と電話を利用

・何もかも嫌な時は退職代行を使う

 

連休明けに仕事を辞めるのは可能です。

 

冷静に考えることも大事ですが、ヤバイ時には勢いで行動することも時には必要なこともあります。

休みがあるうちにもう一度、楽しい将来のための選択を考えてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました