連休明けや休み明けに仕事を辞めるのはあり?【急でもOK?】

after-the-golden-week-holidays-quit-work退職

もう泣けるくらい連休明けが無理だ。

急だけこのままやめよう

 

連休中にやめると決心したけど、どうすればいいの?

 

 

休み明けにでも退職したい

 

このような悩みを解決していきます。

 

 

この記事の内容連休中にやめるのはあり?

連休明けに急に辞めれるの?

連休明けにやめるデメリット

連休明けにストレス0でやめる方法

 

結論から言いますと、連休明けや休み明けに仕事をやめても全然大丈夫です。

 

 

ですが、辞め方や立場によっては会社ともめてしまったり、嫌がらせをされたりします。

 

この記事を最後まで読めば、どんな状態でも「今すぐ円満退職」できるようになりますので、よろしければ最後までお付き合い下さい

 

 

連休明けや休み明けに仕事を辞めるのはあり? 【もちろん”あり”】

after-the-golden-week-holidays-quit-work

連休中に仕事をやめるのはもちろんアリです。

連休中は日ごろの疲れが癒えているので、心身共に健康ですので、その時に思っていることは本来の自分の本音です。

 

連休明けの仕事のことを考えて泣いたり、どうしようもないくらい憂鬱になってしまった場合は、「病んでいる」可能性が高いです。

連休中に冷静に考えた結果「辞める」と決心できたら、そのまま辞めることを真剣に考えましょう。

 

そもそも連休中に仕事を辞めることは可能?

after-the-golden-week-holidays-quit-work

連休中に仕事を辞めることは可能です。

退職は自由と民法でも記載されているので法律的にも大丈夫です。

 

民法第627条第1項によると、2週間以上前であれば退職は可能となっております。
民放第627条

 

会社の就業規則は1ヶ月前に退職願を出さなければならない。などの記載がありますが、退職届をだした後の2週間は有休休暇や、欠勤扱いにしてもらえばそのまま辞めることが出来ます。

 

連休明けに仕事を辞めることで、自分にデメリットはある?【休み明け】

after-the-golden-week-holidays-quit-work

会社を辞めることで、自分へのデメリットもあるので、紹介していきます。

 

辞め方次第でデメリットはある

辞め方次第ではデメリットもあります。

こちらから一方的に辞めて引継ぎもせず、電話にも出ない。

 

そういった状況になると、嫌がらせを受ける可能性もあります。

実例として聞いたことがあるのは、離職票をもらった時になぜか懲戒解雇にされていたという嫌がらせです。

 

懲戒解雇になると、今後の人生が少し大変になることも考えられます。

 

 

連休明けに仕事を辞める時に追われる対応

連休明けに特に準備もしていない状態で仕事を急に辞めると、このようなことが起ります。

 

  • 鬼のような電話がくる
  • 緊急連絡先に電話が行く
  • 上司が自宅にくる
  • 退職後のやりとりで嫌がらせ

 

連休中に仕事を辞めた場合、会社と関わりを持たず、円満に退職することは正直厳しいです。

 

連休明けや、休み明けに仕事を辞める方法は?【メンタルはきついかも】

after-the-golden-week-holidays-quit-work

連休明けに仕事を辞める方法は3つあります

・郵送

・電話

・退職代行

 

自分で会社との退職のやり取りが苦じゃない人や、文句や嫌がらせも気にしない方は、郵送か電話で退職しても良いと思います。

少しでも退職のストレスを感じるのが嫌な方には、退職代行がおすすめです。

 

詳しく解説していきます。

 

郵送での退職

保険証や退職届等、各種書類の提出が退職には必要となります。

 

会社に予め必要書類だけ確認できれば、郵便局で必要なものは提出できて簡単に終わりますが、注意が必要です。

詳しく知りたい方は下のリンクをご覧ください。

 

電話での退職

書類提出以外にも引継ぎであったり、最低限の出社は要請されることが多いですが、会社に行かなくても辞めることは可能です。

 

電話を使って退職する場合には

・直属の上司に電話する

・「絶対にやめます」と言い切る

・辞める理由は一身上の都合

・提出書類の確認をする

・必要書類を送ってもらう

 

これで完了になります。

何回かやり取りがあると思うので、書類などの抜けが内容に気を付けましょう。

 

ストレスがない退職代行での退職

退職代行での退職は、驚くほど簡単です。

 

退職代行で辞める手順

 

・退職代行会社を選ぶ

・無料相談

・支払い

・必要な物の郵送

これで完了です。

 

退職代行を使うことで、会社はやり取りをめんどくさがり、すんなり退職を認めてくれます。

 

連休明けに気まずい思いをせずに仕事を辞めるには?

連休明けにやめるのって

実際ハードル高くて無理

 

連休明けに見切りをつけたけど

気まずくて自分で言えない

 

仕事も溜まっていて、休んだ後なのに「やめます」なんて言えませんよね?

 

 

それでも会社となるべく関わらず辞めたい方は、退職代行がおすすめです。

 

退職代行にお願いすれば、その日付けで会社に行かなくて済むので、会社と一切関ることもなく「円満退社」という形にしてくれます。

控えめに言っても、便利すぎてストレスも全くかかりません。

 

その退職代行の中でも「最強」と言われて数々の実績を残しているのが、労働組合の「退職代行ガーディアン」が安心です。

taisyokudaikou da-dexian

 

他の退職代行サービスも見たい方は、ランキング記事も作ってありますので、よろしければご覧ください

連休明けに仕事を辞めたい時の情報のまとめ

after-the-golden-week-holidays-quit-work

最後にこの記事をまとめますと

 

・辞めることで心が健全になれる

・法律的には2週間以上前であれば辞められる

・対面したくない時の辞め方は郵送と電話を利用

・何もかも嫌な時は退職代行を使う

 

連休明けに仕事を辞めるのは、可能ということがわかって頂けましたでしょうか?

 

冷静に考えることも大事ですが、勢いで行動することも時には必要なことがあります。

休みがあるうちにもう一度、楽しい将来のための選択を考えてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました