人手不足で仕事を辞めさせてくれない会社との解決法【危険かも】

labor-shortage-quit-job-solution退職

 

人手不足で仕事を辞めさせてくれない。

どうにか辞める方法はないの?

やめさせてくれないのは普通?

 

 

このような悩みを解決します。

 

 

この記事の内容・人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない 会社が危険な理由

・人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない時は自分にも原因がある?

・人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない時の解決法

・人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない時の情報まとめ

 

先に結論から言いますと、人手不足を理由に辞めさせてもらえない時は会社が危険な可能性が高いです。

会社がやめさせてくれなくても、具体的に3つの辞める方法があります。

 

この記事を読むことで、どうやって会社と向き合えば良いかわかるので、同じ境遇の方の参考になれば幸いです。

 

やめさせてもらえないストレスが限界で、今すぐ会社を辞めたい場合はこちらをご覧ください。

人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない 会社が危険な理由

労働力不足-仕事をやめる-解決策
人手不足理由になかなかやめさせてくれない会社は非常に危険です。

人手不足には様々な会社の状況が考えられますが、どれをとっても良くないことばかりです。

 

例えば

会社の財務状況があまり良くないため採用にお金をかけられない、

教育環境が良くないため離職率が高い、

強い引き止めで退職を認めない、

さらには退職させないように脅してくる会社さえあります。

 

詳しく説明していきます。

 

・求人にお金をかけられない財務状況

 

これは非常に危険です。

ひとを採用するということはお金がかかります。

具体的には、採用に関わるひとの人件費、中途採用の募集をかける際の費用など様々なお金が必要になってきます。

 

通常であれば会社として必要な経費ですのでかかるのは当たり前という考えなのですが、

会社の財務状況が良くなく経費を削減しなければいけない状況の場合、真っ先に削減される部分になります。

 

採用にお金をかけられない状況で辞められると非常に困るので、なんとしてでも引き留めにくるはずです。

 

そして一番考えなければならないことは会社としての商売がうまくいっていないため利益が出せていない、何らかの損失をだしてしまい経営状況が良くない状況だということです。

 

会社はひとで成り立っています。

そこにお金をかけらなれないのであればどんどん悪い方向に行ってしまいます。

 

人を育てることが出来ない

 

“人を育てることが出来ない”という状況も良くない傾向です。

育てることができないという状況は、言い換えると

 

スキルを持った人間がいないため教育するひとがいない

・他の会社から中途入社してきた人間しかいない

・人が育たないためどんどん辞めていく、

・また中途で採用する、

 

同じことの繰り返しです。

辞めたら採用すればよいという考えが根付いてしまっています

 

そうすると会社としてひとを大事にするという考えはまったくありません。

 

 

強い引き止めで退職をなかなか認めない

 

次に危険な兆候として“強い引き止めで退職をなかなか認めない”があります。

会社側は本来退職を止める権利はありません。

 

それにも関わらず何かと理由をつけて退職を認めてくれない場合、危険だと考えたほうがよいでしょう。

これは先ほど説明したことと同じことになるのですが採用にお金をかけらない等特別な事情があるに違いありません。

 

退職させないように脅してくるブラック企業もある

そもそも退職を止める権利はもっていませんが、雇用主という立場を利用して脅す、退職できないように仕向ける会社もあるようです。

このような体質の会社は退職に関することだけでなく別の問題がありますのでまっさきに転職を考えるべきでしょう。

 

 

人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない時は自分にも原因がある?

労働力不足-仕事をやめる-解決策
人手不足を理由にやめさせてくれない場合、自分自身に問題ある可能性があるかもしれません

 

例えば自分自身の考えがまとまっていない、決断しきれていない、周囲に気を使いすぎてしまったり、会社のことを考えすぎてしまう場合などです。

 

情が移り強く辞めたいと言えない

職場の人間関係がよかった場合や上司がすごく人間的に好きだ、尊敬できるという状況だった場合、情が移ってしまいなかなか強く辞めたいと言えないことでしょう。

 

決断をするときにこのようなひとたちが頭に浮かび決断しづらくなってしまい、結局そのまま職場に残ってしまうということになると後々後悔してしまうかもしれません。

 

機会を伺って周りがやめてく

タイミングをみて辞める機会を伺っていると他の同僚が先に辞めていってしまう可能性があります

そうすると、同僚が辞めたばかりだからもう少し時間をあけようとしてしまいがちです。

結果的にタイミングを逃し続けることになり、結局辞めることができなくなってしまうかもしれません。

 

会社に迷惑が掛かると思い言えない

職場の人間関係が良好だった場合、辞めたら会社や同僚に迷惑をかけてしまうため申し訳ないと思い、辞めると言い出せないことがあると思います。

 

実際には会社にも同僚にも迷惑はかかります、特に重要なポジションにいるひとであればなおさらでしょう。

しかし辞めたとしても何とかなるのが会社です。

 

ひとり辞めたところで会社がおかしくなるようなことはなく後任が必ずいるので、問題は時間の経過とともに解決に向かうでしょう。

 

同僚と仲が悪くなる

同僚からしてみれば辞めると決まったひととは仲良くしてもしょうがないという気持ちが芽生えてしまいます。

中には裏切られたという気持ちになるひともいるかもしれません。

 

ただ本当にあなたのことを考えてくれる同僚であれば、決めたことに対して背中を押してくれるはずです。

そして人として付き合ってくれるひとであれば同僚という間柄にこだわることなくあなたのことを考えてくれることでしょう。

 

人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない時の3つの解決法

労働力不足-仕事をやめる-解決策
人手不足を理由に辞めさせてくれない場合の解決法方法は3つあります。

 

・断固として辞めると伝えておく

・郵便で退職届けをだす

・退職代行を使う

 

詳しく説明していきます。

 

断固としてやめると伝える

周りに辞める意思が固いことを伝えておくことで、周りからの引き止めにあうことを防止することができ、気持ちが揺らいでも後戻りできない状況をつくることもできます。

先に就職先を見つけておくことで、辞めざるを得ない状況を作ることも可能です。

 

郵便で退職届けを出す

上司に直接だすと引き止められる可能性があるのと、話をすることで気持ちが揺らいでしまうため思いきって郵送で送ってしまうという方法です。

 

辞める意思が明確に伝わるように退職願ではなく退職届を出すようにしましょう。

 

 

退職代行にお願いする

これはお金はかかってしまいますが精神的にも負担が少なく確実に辞めることができます。

辞めるまでのやり取りを退職代行会社が行ってくれるため一番楽な方法です。

 

 

しかし特にお世話になったひとがいる場合や職場のひととプライベートでも付き合いのあるようなひとは避けたほうがよいでしょう。

まったく気にしないひとであれば問題ないかもしれません。

 

人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない時の情報まとめ

労働力不足-仕事をやめる-解決策
人手不足を理由に辞めさせないという状況は会社の様々な状況が考えられますが

どの状況を考えても良くないことばかりです。

 

会社の経済状況がよくないため採用活動を行うことができない、

人間関係がよくないことが原因で起きる離職、教育環境が整っていないことで起きる離職等マイナスの要因ばかりです。

 

本来退職を止める権利は会社にはなく、その選択は労働者の権利です

それをありもしないようことで脅してきたり、会社側の一方的な理由で引き止めたりすることはあってはいけないことです。

 

このような局面に直面した場合辞める手段はたくさんあります。

人生一度きりですので自分が決めたことであれば自信を持って行動していくことが一番大事です。

タイトルとURLをコピーしました