「現場仕事に向いてない」と気付いた時はどうすればいい?

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work 退職
悩んでる人

現場仕事に向いていなっぽい

向いてない時はどうすればいい?

 

体力や精神力が必要な現場仕事では辛いと感じることも多いため、向いていないと感じたことは誰しも一度はあるのではないでしょうか。

今回はそんな誰しもが悩んだことがある、仕事に向いていないと気づいたときに考えることや解決方法をお伝えします。

 

この記事の内容

・現場仕事が向いていないと気づいた時に考えること

・向いていないのに頑張り続けるとどうなるか

・向いてなくてもショックを受ける必要はない

・現場仕事に向いてないと思うのが会社のせいな場合

・怖すぎて辞められない人

・まとめ

 

結論から言うと向いていないと感じたまま仕事を続けるのは辞めた方が良いです。

しかし、一時的に向いていないと感じている場合や、どうしても現場仕事を続けなければならない理由もあると思うので、この記事を参考にしていただければ幸いです。

 

現場仕事に向いてないと気付いた時に考えること

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work現場仕事に向いていないと気づいた時

悩んでる人

これからどうすればいいのだろう…

と不安な気持ちになりますよね。

 

このような時はまずどのようなことを考えればいいのでしょうか。

客観的に向いていないかの判断するため、以下のような内容を考えましょう。

 

  • 仕事への適性
  • 自分の未来
  • 転職

 

詳しく解説していきます

 

仕事への適性

どんなに繰り返してもミスが減らなかったり、仕事で成功しても楽しさを感じられなかったりするようであれば、現場仕事への適性がない可能性が高いです。

 

例えば、現場仕事はものづくりに関わる仕事であるのに、完成した後に楽しさや達成感が得られないのであれば仕事の適性がない可能性があります。

 

 

自分の未来

3年後、5年後と現場仕事を続けている未来を想像してみて下さい。

後輩に頼られて仕事をしているイメージや、上司に認められ昇進している姿など良い未来は想像できたでしょうか。

 

いい未来が想像できたのであれば、まだ現場仕事に期待が持てているということなので、これからの頑張り次第では自分を成長させることができます。

 

逆に現状と変わらない、または現状より悪化した未来を想像してしまった場合は、仕事へのモチベーションが下がっており現場仕事が向いていない可能性があります。

 

 

転職

今の仕事が向いていないと感じたまま仕事をしていると、モチベーションが下がったままになるので、新しい気づきや改善点を見つけることができません。

 

そのまま働いていても日々ルーティンワークを続けるだけになってしまい、更に楽しみややりがいがなくなる可能性もあります。

 

 

転職すると決めた場合は、現場仕事に向いていないと感じた理由を書き出しておいて、新たな仕事でも同じような事が発生しないかをよく考えてくださいね。

 

理由が曖昧なまま転職活動をしても、新たな職場で同じように向いていないと感じることになる可能性が高いです。

 

どのような要因で自分は向いていないと感じたのか、逆に自分が向いているのはどんな仕事なのか自己分析をしてから転職活動をしてください。

 

現場仕事に向いてないのに頑張り続けたらどうなる?

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work現場仕事に向いていないと気づいていても、仕事内容は好きだったり、他の職種に転職できない状況だったりすることもありますよね。

そんな時向いていない現場仕事を頑張り続けるとどうなるのでしょうか。

 

・10年で半人前になれる

・使えないと言われ続ける

・後輩が上司になる

 

詳しく解説していきます。

 

10年で半人前になれる

現場仕事に向いていない場合は、仕事への適性がないことも多いのでミスなく仕事をこなせるようになるまで、人より時間がかかることは覚悟しておく必要があります。

 

現場仕事では一工程ずつミスなく仕事ができないと、後工程の人に迷惑をかけてしまうことになりますので、人よりミスが多い場合はミスをしないことへの重圧にも耐えなければなりません。

少しずつミスなくできる仕事を見つけ成長を感じることで、これらの重圧に耐えられるようになります。

 

 

使えないと言われ続ける

納期が短い場合は特に多くの仕事が与えられることになるので、ミスや仕事のスピードが遅くなりがちな仕事が向いていない人には、上司や先輩から使えないと言われ続ける可能性が高いです。

 

ただでさえ納期が短く現場はピリピリしているので、周りからの使えないという言葉にも負けずに仕事を続ける精神力が必要となります。

 

 

後輩が上司になる

仕事にミスが多かったり、人より完成までの時間がかかったりする場合は、覚えのいい後輩が自分の上司になる可能性もあります。

 

後輩に指示されたり指導されたりすることを想像して、その状況に耐えられるかを考えてみてください。

後輩に指示されるのは耐えられない、と感じるのであれば現場仕事を頑張り続けることは難しいかもしれません。

 

 

現場仕事に向いてないと気付いてショックを受ける必要はない

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work仕事に向いていないと感じる人は少なくないので、向いていない仕事に就いてしまったことにショックを受ける必要はありません。

 

人それぞれ得意なことや、やりがいを感じることは異なるので当然仕事に向き不向きはあります。

むしろこれから自分のキャリアをどう積み上げていくかが大切です。

 

現場仕事に向いてないと思うのが会社のせいな場合

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work本当は現場仕事に向いているのに、会社のせいで向いていないと感じてしまっている場合もあります。

それは、待遇や福利厚生など自分では変えられないことが原因でミスが続く、しっかり休めていないために体力が低下してしまっている場合です。

 

これを解決するためには以下の2つの方法があります。

  • 現場仕事の業種を変える
  • 会社を変える

 

詳しく解説していきます。

 

現場仕事の業種を変える

現場仕事の職種は変えずに、業種を変えて転職するとこれまで働いてきた経験を活かしつつ待遇や福利厚生がよい業界で働くことができます。

同じ職種を続けることで転職での市場価値も上がりますし、転職する際にアピールポイントにもなりやすいですよ。

 

 

会社を変える

給料や休暇など待遇面で不満があり、それが体調や精神に影響を及ぼしている場合、会社を変えることで仕事に打ち込めるようになることもあります。

一度他の会社の求人情報で待遇面を調べて比較してみましょう。

 

現場仕事に向いてないけど、怖すぎて辞められない人

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work

まず、求人サイトなどを見て次の仕事を探してから辞める決意をすると良いです。

就職が決まれば辞めるしかないので、どうにか辞められます。

 

辞めたいけど現場の人たちが怖くてやめられない場合には、退職代行を使うのも手です。

 

現場仕事に向いてない時の情報まとめ

what-to-do-realize-not-suited-for-field-work現場仕事に向いていないと気づいた時に考えることや解決方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

まず、向いていないと思ったら仕事への適性、未来、転職を考えてみること。

 

そして、向いてないのに頑張り続ける必要がある場合には精神力が必要となること。

 

最後に、業種や会社を変えることで向いていないと思っていた原因が改善することもあることをお伝えしました。

これらを実行して現場仕事は向いていないがどうすればよいのかという悩みを解消し、何をすべきかが分かったのではないかと思います。

 

この記事の内容を活かすことで、これからのキャリアの形成に役立てていただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました