飲食店の正社員はキツイと感じた時はどうすればいい?

restaurant-full-time-employee 退職

飲食店の正社員キツすぎ

今後どうすればいいかわからない

このまま飲食店を続けて良いの?

 

このような疑問を解決します!

 

この記事の内容

・飲食店がキツイと感じてしまう理由。

・飲食店に向いてる人とは?

・飲食店がキツイと感じたら、転職を考えてみるのも一つの手段。

 

先に結論を言いますと、キツイと感じたまま働き続けるくらいなら、転職も視野に入れて考えてみましょう。

転職によって環境がかわり、楽しく生活できるようになる可能性もあります。

 

ですが、飲食店の正社員を続けるべき人や、好きだから続けたいと思う人も居るかと思います。

 

この記事を読んで飲食店の正社員としてやっていくべきなのか、どのように考えれば良いのかがわかり、この仕事への将来の不安が軽減しますので、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 

仕事の将来について悩んでいる方は、とりあえず転職支援サイトや転職エージェントに相談するのもありです!

飲食店の正社員はなぜこんなにキツイのか

restaurant-full-time-employee

飲食店で働いていく中で、どんな時にキツイと感じるのか?

動かなければいけないこと、考えなければいけないことが多い上で、責任からのプレッシャーがあるからこそキツイと感じます。

 

もう少し細かくみてみると、飲食店がキツイと感じる理由は人それぞれ色々あります。

主な理由としてはこの3つです。

 

・やる事が多すぎる。

・ライバルが多い。

・かなり動き回る。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

やることが多すぎ

飲食店の正社員になると、仕事は料理や接客だけではなく、多岐にわたります。

具体例を挙げてみると、

 

・アルバイトの管理。

・スタッフ教育。

・仕入れ。

・原価や人件費などのコスト管理。

・新メニュー考案。

・店舗衛生管理。

・売上管理。

 

などなど。

営業時間外でもやる事は多いですよね。

 

どれか一つでもおろそかになってしまうと、売上や利益に大きな影響が出てしまいます。

常にやらなければいけない事を考えながら働いていくのは、キツイと感じてしまう原因となります。

 

 

ライバルが多い

人が来る場所にこそ、飲食店は出店します。

それはどの飲食店にもいえる事で、結果多くの飲食店が密集しているところに出店する事となります。

 

自分のお店と似たようなコンセプトのお店も近隣にたくさんあるでしょう。

結果、お客様の取り合いが始まります。

 

・他のライバル店よりも、やすくて良いものを出そう。

・他店にはないサービスをして、差別化を図ろう。

・クーポンを配布して、お客様に来てもらえるようにしよう。

 

などなど、ライバルがいるからこそ、考えて実行しなければいけない事も増えてきます。

それだけの責任が正社員にはのってきます。

 

それでお客様が来てくれたらいいのですが、負けてしまう事もあります。

隣の店は繁盛しているのに、自分の店はガラガラ。。。

ライバルに勝つための行動、そして、万が一負けてしまったときなど、かなりキツイと感じてしまう原因となります。

 

 

かなり動き回る

飲食店では、営業中はかなり動き回る必要があります。

それは正社員でもアルバイトでも同様です。

 

キッチンでは色々な料理をお待たせしないように最速かつ丁寧に作る。

ホールでは、料理やドリンクの提供で色々なお客様の席に行く。

 

お客様が帰られたら、お皿やグラスなどを下げ、席をきれいにする。

忙しい時には常に料理を作らなければいけなかったり、お客様に呼ばれたり、料理やドリンクを運んだりしなければいけません。

 

ひたすら働き続けなければいけない事も、キツイと感じてしまう理由となります。

 

飲食店の正社員はキツイけど向いてる人とは?

restaurant-full-time-employee

飲食店の正社員として働くのは、確かにキツイと感じる事が多いです。

しかし、中にはキツイと感じながらでも、働き続ける事ができる人もいます

 

・純粋に飲食店で働くことが好き。

・独立などの将来を見据えて、いまを働いている。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

飲食業が好きでたまらない

純粋に、飲食店で働くことが好きな人もいます。

好きだからこそ、結果を出すために惜しげもない努力ができます。

 

努力が成果に結びつく事にやりがいを感じます。

アルバイトとは違って、正社員だからこそ出来る事もたくさんあります。

 

疲れたとは感じても、キツイとは思いません。

むしろ、達成感と心地よい疲労感を感じている事でしょう。

そんな人は、飲食店の正社員に向いていると言えます。

 

 

独立などの志がある

飲食店で正社員と働くことで、将来自分が独立するためのノウハウを得ようとしている人は、ただ働いている人に比べると意識が違います。

 

飲食店の正社員として与えられた仕事を、自分が独立するための参考にしようと取り組みます。

会社によっては、のれんわけ制度で低コスト、かつローリスクで独立ができる会社もあります。

 

 

どんなことにも言えますが

 

夢があるからこそ頑張れる

 

今日の仕事を終えることを考えている人と、もっと先の未来を見据えて頑張っている人には意識とゴールに大きな違いがあります。

未来の目標のために、日々の仕事を積み重ねていけるイメージを持っている人はキツイと感じても乗り切れるものです。

 

飲食店の正社員がキツイと思う人は向いてない?

restaurant-full-time-employee

飲食店の正社員をしていて、キツイとだけ思っている人は飲食店自体に向いていないかもしれません。

向いてない人の基準は主に2つです。

 

・なんとなく就職してしまった。

・毎日鬱な気分になってしまう。

 

解説していきます

 

 

なんとなく就職した人

多くの飲食店では、未経験者歓迎や他よりも少し高額なお給料で求人をだしているところが多くあります。

スキルや経験がなく、正社員にはなりたいけど応募できる求人の選択肢が少ない人がなんとなく飲食店を選んでしまう。

 

飲食店でアルバイトをしたことがあるというのも理由になる場合がありますね。

安定した生活のために正社員にならなければいけないと考える人は多いです。

 

そのために、自分でもできそうだと感じてしまう飲食店に正社員として入社する

給料面でも、他の仕事よりは多いという理由でなんとなく選んでしまうこともあります。

 

目的が、飲食店の正社員になることではなく、

 

・自分にもできそうな仕事。

・給料面。

 

といった理由でなんとなく飲食店の正社員を選んでしまった人は、現実と想像とのギャップにキツイと感じてしまいます。

キツイと日々感じてしまうと続けていくことが困難になってくるので、そんな人は飲食店に向いていないと言えます。

 

 

毎日鬱な気分になる人

出勤時、これから働くことを考えて鬱な気持ちになってしまう。

仕事が終わって家に帰っても、明日の仕事のことを考えて鬱な気持ちになってしまう。

生活のためには働かなければいけないが、働くことがキツイと感じてしまうと鬱な気持ちになってしまいます。

 

・思ったよりも飲食店で働くことがしんどい。

・しかし、年齢的にもアルバイトではなく正社員として働かなきゃいけないと感じている。

・他にやりたいこと、できることが思いつかないから、飲食店で正社員として働き続けないといけないと感じている。

 

そうなってしまうと、毎日常に鬱に感じてしまいます。

鬱な気持ちを感じたまま、何年も、むしろ数ヶ月でも続けていくことは困難です。

 

飲食店の正社員として前向きな気持ちで取り組むことができない人は、向いていないと言えます。

 

飲食店の正社員がキツイと毎日思う人は転職を考えた方が良い理由

restaurant-full-time-employee

日々、飲食店で働いているけど、毎日キツイとこのように感じてしまう人は転職を考えてみた方がいいでしょう。

 

・そのままでもキツイ人生は変わらない

・自分に向いてる仕事を探せる

 

それぞれ解説していきます。

 

 

そのままでは人生は変わらない

キツイと思いつつ飲食店での正社員として働き続けても、いくら働いても結果はついてきません。

理由として、現状にキツイと感じてしまうと、今以上の仕事はできないということが一番にあげられます。

 

ただでさえキツイのに、これ以上仕事を増やしたくないと考えてしまいます。

結果がついてこないと、お給料も上がりません。

 

お給料が上がらなければ、モチベーションの向上どころか維持も困難です。

そうなると、キツイ日々を延々と繰り返してしまうことになります。

 

そんな状態では、何年経っても人生は変わりません。

毎日キツイと思ったまま働き続けたいと思う人はいないはずです。

人生を変えたいと思ったら、転職を考えてみるのも一つの手です。

 

 

向いてる仕事を探せる

飲食店で正社員として働いてみたけど、予想以上にキツイと感じてしまった。

だけど、他に働けるところがないと思ってしまっている。

そんなことはありません。

 

自分自身に向いている仕事というのは必ずあります。

誰もが全ての仕事を知ってるわけではなく、まだ知らない仕事はたくさんあります。

色々な仕事に目を向けてみましょう。

 

急に飲食店をやめて次の仕事を探さなくても、働きながら調べてみることはできます。

万が一、やめるとしても次の職場くらいは決めてやめたいですよね。

 

色々な求人内容を見ることによって、興味が持てる仕事も見つかるかもしれません。

誰でも自分に向いてる仕事を探す権利はあります。

まずは色々な求人を見てみることから始めてみましょう。

 

飲食店の正社員がキツくて動けない時は転職エージェントを使おう!

restaurant-full-time-employee

転職するには、求人情報を自分で見て応募する方法と、転職をサポートしてくれる転職エージェントを使う方法の2種類があります。

自分で応募する場合、その仕事が自分に向いているかどうかは想像でしかわかりません。

 

転職エージェントだと、希望を聞いてくれたうえで、自分にあった職場を紹介してくれます。

もちろん完全無料です。

飲食店で働いていて、なかなかいい求人を見つける暇がない時など、転職エージェントの方が代わりに自分に向いている仕事を探してくれます。

 

そして、見つかった職場に対して採用されるように色々なアドバイスをしてくれるところもあります。

リスクはないので、使わない手はありませんね。

 

詳しくはこちらをご覧ください!

飲食店の正社員がキツイ時の情報まとめ

今飲食店で正社員として働いている中で、キツイとしか感じれない人は転職を考えてみましょう。

この先10年、20年、キツイと思ったまま働いていくのはしんどいですよね。

人は簡単には変われないといいます。

 

しかし、環境が変われば人は変われます。

転職は逃げではなく、変化です。

仕事もプライベートも充実した毎日、誰もが望んでいることです。

 

そんな未来を手に入れましょう。

どうせ働くのであれば、楽しんで働いていきましょう。

そして、そのために小さくてもいいので最初の1歩を踏み出してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました