仕事が少人数で辞めづらい時はどうすればいい?【スムーズに退職する】

retirement-few-people 退職

少人数の職場だから、辞めれない

円滑に退職出来るの?

人が少なくて辞めたいけどどうすればいい?

 

このような疑問を解決します。

 

この記事の内容

・少人数で辞めづらいけど、辞めても良いの?

・少人数で辞めづらい時はどうする?

・仕事が少人数で辞めづらい時のNG行動

・仕事を辞める前に効率的な転職活動

・どうしても辞められない時に辞める方法

・まとめ

 

この記事の結論として、会社を辞める権利は労働者の自由なので気にしないで辞めて大丈夫です。

ですが、簡単に辞められない場合や、自分で言えない方もいると思います。

 

この記事を読むことで、あなたは少人数の職場でもスムーズに退職するための方法を知れるので、気が楽になりますので、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 

どうしても辞められないけど、今すぐ辞めたい方は退職代行SARABAを検討してみて下さい!

\LINEで無料相談あり/

 

仕事が少人数で辞めづらいけど、辞めても良いの?

retirement-few-people

会社を辞めるか辞めないかを、自由に決める権利があなたにありますので、もちろん辞めて大丈夫です。

日本国憲法の「職業選択の自由」により、会社員には退職・転職の自由が認められています。

 

人手不足であったり、後継ぎがいないのは会社の責任なので、辞める本人が気にする問題ではありません。

ですが、実際は辞めづらいと思うので、対策などを詳しく解説していきます。

 

仕事が少人数で辞めづらい時はどうすれば辞められる?

retirement-few-people

具体的に会社と円満退職するための方法を、3つ紹介していきます。

 

1)辞める時期に余裕を持つ

2)しっかりと打ち合わせをする

3)後任に下につかせて教える

 

それぞれ解説していきます。

 

 

辞める時期に余裕を持つ

あなたが辞めても会社にとって、一区切りできそうな時期まで待ってから退職すると、お互いに良い関係で終われることが多いです。

 

例えばですが

・担当しているプロジェクトが完了した時

・決算期など、仕事が多くなりづらい時期

・閑散期の時

 

こういった、あなたが抱えている仕事がない時期なら、スムーズに退職しやすいでしょう。

 

 

しっかりと打ち合わせをする

上司に辞める意志をはっきりと伝えて、いつ辞めるかや引き継ぎをどうするかを、しっかりと計画を立てて打ち合わせしましょう。

少人数の職場だと、一人が抜けた穴はとても大きいので、あなたが辞めても仕事に支障が出ないよう、しっかりと打ち合わせをすることが大事です。

 

 

後任に下につかせて教える

部下がいるなら、仕事を引き継ぎとして教えて、いないなら後任をつかせるように会社と話しましょう。

仕事を引き継ぎすることで、会社も円滑に回るのでスムーズに退職が進みます。

その他細かい部分などは、マニュアルなどを用意しておくと、より親切です。

 

仕事が少人数で辞めづらいからとやってはいけないNG行動

retirement-few-people

いくら辞めづらいからといって、会社に迷惑をかけるような行動はやめましょう。

仕事を辞める前にやってはいけないNG行動を3つ紹介します。

 

1)人が入るまで待ってと言われても応じない

2)怒鳴られても態度を変えない、証拠にする

3)曖昧な態度を取る

 

それぞれ解説していきます。

 

 

人が入るまで待ってと言われても応じない

退職は新しい人が入るまで待ってほしい

 

このような要望を無視してはいけませんが、応じないようにしましょう。

少人数での職場は、一人一人の役割が大きく、辞めてほしくないのが本音です。

 

要望をあからさまに無視して退職しようとすると、職場のメンバーから恨まれて関係が悪くなり、辞めるまでかなり気まずい思いをします。

ですが、要望を鵜呑みにすると辞めることができずズルズル退職を伸ばされてしまうこともあります。

 

なので、辞める期限より少し前に退職日を設定し、交渉されたら元々の退職日まで引き伸ばすようにすると円満です。

それ以降は絶対に引き伸ばしに応じるのは辞めましょう。

 

 

怒鳴られても考えを変えない、証拠にする

会社に辞めることを伝えると、怒鳴って拒絶してくる場合があります。

そこで怖気付いてしまうと、相手は怒鳴れば良いと思いますし、職場の仲間からも辞めようとしたやつと認識されてしまいます。

 

退職交渉で怒鳴れたり、スムーズにいかない人なら、あらかじめ録音しながら交渉に臨みましょう。

実際に怒鳴られれば、それはかなり強い証拠になります

 

 

曖昧な態度を取る

曖昧な態度を取ると弱みに漬け込まれ、あの手この手で退職させないようにしてくるかもしれません。

 

絶対にやめます

 

このように自分の意志をはっきりさせましょう。

社内の人や、事務の人にも辞める心構えをしてもらうことで、退職の空気感も出てきます。

 

少人数で辞めづらい仕事を辞める前に効率的な転職活動をするべき

retirement-few-people

会社を辞める前に効率的な転職活動をしておく方が良いです。

理由として3つあります。

 

・就職が決まれば辞めないといけなくなる

・転職感を掴み不安が軽減する

・転職エージェントは効率的に仕事を探せる

 

それぞれ解説していきます。

 

 

就職が決まれば嫌でも辞めないといけなくなる

転職先が決まっていれば、必ず今の会社を辞めなければいけません。

転職先が決まっていれば、会社同士で揉めてしまうことも考えられるので、執拗な引き止めもされなくなります。

 

会社を辞めようと決心したのなら、まずは転職先を探して、内定をきめてしまうのも手です。

 

 

転職感を掴み不安が軽減する

実際に転職活動をすることで、転職の感が掴めるので、転職の不安が軽減します。

自分の知らなかった仕事や、適性なども知ることが出来るので、より良い環境に勤めることが可能になります。

 

 

転職エージェントなら効率的に仕事を探せる

転職先を探すのに、役に立つのが転職エージェントです。

転職エージェントは、要望にあった転職先を、エージェントがピックアップしてくれます。

 

転職エージェントでは、履歴書や面接のサポートをしてくれたり、転職先の職場の雰囲気をチェックしてくれるので、転職後の職場トラブルを避けることが出来ます。

無料ですので、使わなければ損です。

転職を考えているのであれば、転職エージェントを必ず利用しましょう。

 

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

どうしても少人数の仕事が辞めづらくて辞められない時に辞める方法

retirement-few-people

どうしても今すぐ辞めたいけど自分から言えない、、、

転職先が決まったけど、自分から辞めると言えない、、、

 

そんな悩みを抱えているあなたには、退職代行を利用することをおすすめします。

退職代行は、あなたに変わって会社に退職の意志を伝えてくれるサービスです。

 

あなたは自宅から外に出ることなく、退職の手続きを退職代行に委託して、後は会社とやり取りする必要なく、退職日まで待つだけです。

どうしても会社に退職する意志を伝えられない場合は、退職代行を利用しましょう。

 

実際の体験談がありますので、検討したいる方は是非ご覧下さい!

少人数で仕事が辞めづらい時の情報まとめ

・会社を自由に辞めてもいい権利が、あなたにはある

・仕事に余裕が出来ている時期なら、退職がスムーズにいきやすい

・上司と辞める前にしっかり打ち合わせをすれば、スムーズに退職がすすみやすい

・あなたの仕事を任せられる後任を見つけて、一人で任せられるまで教育すれば、

スムーズに退職が進む

・人手不足を理由に待ってほしいとの要望があれば、それに応じずに辞めてはいけない

・退職の意思を伝えた時に、相手から怒鳴られた場合、それを証拠として辞める材料にする

・会社を辞めるか、辞めないのかと曖昧な態度は取ってはいけない

・仕事を辞める前に、転職先が決まっていれば、必ず会社を辞めなければいけない

・転職先を探すなら、転職エージェントを利用しよう

 

いかがでしたでしょうか?

まずはあなたの会社で置かれている状況を把握して、最も実行しやすい手段を実行して、転職先を見つけつつ、退職を実現しましょう!

 

少人数の職場は、一人の欠けが大きく影響してしまうものですよね。

ですがあなたの人生を、その会社に縛られ続けてはいけません。

 

あなたの人生の主役はあなたであり、誰にも操られて良いものではありません。

ぜひ転職という新しい人生を掴み取ってください!

タイトルとURLをコピーしました