試用期間でどうしても合わない場合は退職できるの?【可能です】

trial-period-not-good-fit-quit退職
悩んでる人

社風が自分と合ってないかも

思っていた仕事と違くてしんどい

 

試用期間中に違和感に気づき、このまま働いて良いのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では以下のことが解決できます。

 

この記事の内容・試用期間だけどどうしても合わないときは辞めても良い?
・試用期間どうしても合わないときの原因とは?
・試用期間どうしても合わなくて退職するメリット・デメリットとは
・試用期間にどうしても合わない場合の退職する方法
・試用期間にどうしても合わなくて退職したいけど上手く言い出せないときは
・試用期間にどうしても合わなくて退職したい場合のまとめ

 

結論から言いますと試用期間でも退職はできます。

この記事を最後まで読んでいただければ試用期間なので辞めることの悩みや、辞めたその後の対応がわかります。

「就職に失敗したから早くリセットしたい」と思っている方には、最後まで付き合って頂ければ幸いです。

 

試用期間だけどどうしても合わないときは辞めても良い?

trial-period-not-good-fit-quit

 

何となく社風が合わない

 

事前に聞いていた仕事の内容が違う

このように、様々な理由で悩んでいる方に向けて試用期間について2つのポイントがあります。

・そもそも試用期間とは何か?
・試用期間中でも退職できる

 

それぞれ解説していきます。

 

そもそも試用期間とは何か?

試用期間とは企業が人材を採用する際に、実際に行う通常業務と同じ仕事をすることにより能力やスキル、勤務態度など適正があるのかを判断するための期間です。

一般的には3~6か月程度であることが多いです。

 

試用期間中でも退職できる

試用期間中であっても退職することは可能です。

しかし本採用前のお試し期間とはいえ、労働契約が成立している以上即日退職をすることはできません。

法律上では退職する日の2週間前に申し出をすれば辞めることはできますが、まずは社内規定に従い退職手続きをしましょう。

 

試用期間どうしても合わないときの原因とは?

trial-period-not-good-fit-quit

試用期間でどうしても合わない原因を探し、解決することで悩みが解決するかもしれないので5つほど紹介します。

・社風が合わない
・イメージしていた仕事とは違った
・勤務条件が違う
・スキルが不足している
・人間関係が悪い

 

それぞれ解説していきます。

 

社風が合わない

社風や雰囲気は実際に働いて初めて分かるものです。
例えば体育会系のノリが合わない、古い慣習が残っているなどが挙げられるでしょう。

人によっては慣れてしまうこともあるため、早まって退職せず少し様子をみても良いかもしれません。

 

イメージしていた仕事とは違った

入社前のイメージと現実では多少なりともギャップがあるものです。そういった場合すぐに辞めるのは得策ではありません。

別の部署に異動すれば希望に近い仕事ができるなどの可能性があるなら上司に相談するのもひとつです。

将来的にイメージしていた仕事ができる可能性がありますので、現状できることから始めてみましょう。

 

 

勤務条件が違う

求人票や面接で聞いていた内容と条件が違うということがあります。

勤務時間や勤務地、給与や仕事内容などに相違がある場合、労働基準法違反となるため契約を破棄することが可能です。

入社時に交わした雇用契約書を元に会社と交渉するか、聞き入れてもらえなければ我慢をせず退職も考えても良いでしょう。

 

スキルが不足している

 

憧れの会社に転職できた!

と喜んだのもつかの間、スキル不足で同僚や上司に迷惑をかけてしまうということがあります。

面接時に実力以上のアピールをしたり入社前のリサーチが不足していたなどの原因が考えられるでしょう。

このようなときは、できない事を素直に伝え教えてもらったりプライベートでも勉強するなど自身で努力する必要があります。

 

人間関係が悪い

パワハラが日常的にあったり、イジメが横行しているなど人間関係で社内の雰囲気が悪い場合があります。

仕事の内容と同様に人間関係というのは仕事をしていく上で重要な要素となります
このような会社は早めに見切りをつけることが得策でしょう。

 

試用期間にどうしても合わなくて退職するメリット・デメリットとは

trial-period-not-good-fit-quit

試用期間という短い期間で退職することは一般的にあまり良いイメージはありません。
しかしそれ以上に退職することによりメリットがある場合があります。

 

メリットである理由

時間を無駄にしない

合わない職場でいつまでも働いていても時間の無駄です。
先が見えない職場であるなら転職活動をするなど早めに決断をしましょう。

どんなに頑張っても合わないとこは合いません。

 

ストレスから開放される

あまりに過度なストレスは心身の不調を崩すことがあります。

仕事をして身体を壊すのは本末転倒なので、自身がこれ以上は無理だと感じたら早めに退職しましょう。

 

試用期間中なので引き継ぐことが少ない

入社して日付が浅いため重要な仕事を任されていることは少ないでしょう。

周囲の負担も少ないので辞めやすい状況といえます。

 

デメリットである理由

再就職時に不利となる場合がある試用期間であっても雇用保険に加入しているため職歴は残ってしまいます。

あまりに短い期間だと何か問題のある人ではと心証が悪くなる可能性があります。
早期退職した理由を説明する際に会社にも自分にも非が無いことを説明できるようにしましょう。

 

試用期間にどうしても合わない場合の退職する方法

trial-period-not-good-fit-quit

どうせ辞めてしまう会社であっても円満に退職できるならそれに越したことはありません。

そのためには少しのコツが必要です。

・まずは直属の上司に相談をする
・退職理由は会社のせいにしない
・引継ぎをしっかり行う
・転職活動を行う

それぞれ解説していきます。

 

まずは直属の上司に相談をする

周囲から噂を聞いて知ることがないよう、初めに直属の上司に相談しましょう

引き止められる可能性はありますが、強い気持ちを持って臨んでください。
上司と退職日を決め会社の規則に則って粛々と退職手続きを行いましょう。

 

退職理由は会社のせいにしない

会社側に原因があったとしても円満退職したいなら本音を話すことはおすすめしません。

・家庭の事情や体調を崩してしまった

・やりたい仕事がある、自身のスキルアップを目指したい

・跡を継ぐ、身内の手伝い

 

など言い換えた方が揉めることも少なく退職できますし、引き止めも執拗にはされません。

 

引継ぎをしっかり行う

試用期間という短い期間とはいえ仕事はきちんと引継ぎましょう。
貸与品の返却や受け取るべき書類などの確認も行います。

またお世話になった方にもお礼を伝え私物を片づけるなど迷惑をかけないように辞めることが大事です。

 

転職活動を行う

まだ転職先が決まっていなければ退職準備と同時に転職活動を行いましょう。

職歴が短いため再就職は不利になることもあるため時間がかかる可能性があります。

早めに準備することをおすすめします。

 

試用期間にどうしても合わなくて退職したいけど上手く言い出せないときは

trial-period-not-good-fit-quit

試用期間中に退職するなんて言いづらい、または怖くて伝えられないなど上司に直接言えない場合は以下の方法があります。

・郵送や電話、メールなどで退職の意思を伝える
・退職代行サービスを利用する

 

それぞれ解説していきます。

 

郵送や電話、メールなどで退職の意思を伝える

どうしても直接言えないときや体調を崩してしまい外出できないときは郵送や電話、メールで退職の意思を伝えることが可能です。

まずは会社に退職したいという意思を伝え、上司と退職日を相談します。

 

一番重要なのは証拠に残すことです。

もし引き留めなどがあった場合に、労基に相談したりするときなどに役に立ちます。

 

そのうえで退職届を郵送しましょう。

返却物や書類のやり取りがある場合も郵送で対応する事が可能です。

 

 

退職代行サービスを利用する

メンタルを病んでしまい自身で伝えることが困難な場合は、退職代行サービスを使うのも良い選択肢です。

退職代行を使うことで、確実にやめれますし、会社にも行かなくて良いので、退職時もストレスが0になります!

 

詳しく知りたい方はコチラをご覧頂けたら幸いです。

 

試用期間にどうしても合わなくて退職したい場合のまとめ

trial-period-not-good-fit-quit

・試用期間中に辞めることは恥ずかしいことではない
・失敗も経験となり次につながる

使用期間中という短い期間で辞めてしまうと自分に自信がなくなってしまいがちですが、決して恥ずかしいことではありません。

試用期間とは自分と会社のお試し期間であるため、単に合わなかっただけだと言えます。

このような失敗を繰り返さないためにも、自己分析や会社のリサーチを行えばどんな会社が自分に合っているのかが明確になり、次の転職活動で活かすことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました