【気まずい】退職日までもたないと感じたときはどうする【もう限界な方】

taisyokubimade-motanai 退職
悩んでる人

退職することが決まったけど、気まずさが

 

退職が決まってから同僚や上司が、かなり冷たい

 

退職日までどう過ごせば良いの、、、

 

このようなお悩みを解決します!

 

 

結論からいいますと、社内での過ごし方を変えたり、体調不良による欠勤や有休を使って休むことで解決できます。

 

 

ですが、職場環境や立場によっては難しい時もあると思いますが、それぞれ対処する方法もあります。

この記事を読むことで、退職日まで気まずい思いをしないで過ごすことができますので、参考になればうれしいです。

 

 

 

「もう無理、今すぐ合法的に飛びたい」

「退職日まで体調不良ということにしたいけど自分で言えない」

 

そんな方は退職代行というサービスを使えば願いが叶います。

 

少しでも気になる方は、コチラの記事をお読み頂けたら幸いです。

 

 

気まずくて退職日までもたないと感じるときの基本的な対策

awkward-no-retirement-date

気まずくて退職日までもたない時の対策はこのようなものがあります。

 

・あまり早い時期に退職の意思を伝えない

・引継ぎなど怠りなく仕事をして誠実に対応する

・やるべきことだけきっちりと行いあとは割り切る

 

それぞれ解説します

あまり早い時期に退職の意思を伝えない

会社へ退職の意思を伝えてから、すぐに辞められるという方は少ないと思います。

 

一般的には1~3か月前くらいに上司に申し出をしてから会社の就業規則にしたがって退職届を提出し退職日を迎えることになるでしょう。

 

多くの場合、退職が決まってから退職日まで1か月以上の期間があることになりますが、実は退職するまでの期間は法律上だと最短で2週間です。

 

なので、「何を言われても2週間で辞める!」という方以外は、気まずい期間を短くするためにも、あまりに早く退職の意思を伝えるのは避けて引き継ぎをする方がよいでしょう。

 

 

 

引継ぎなど怠りなく仕事をして誠実に対応する

上司や同僚に対して後ろめたい気持ちがあるということも理由のひとつでしょう。

 

・自分が抜けてしまったらもっと大変になる
・自分だけ逃げてしまうようで裏切り感
・育ててもらった上司や先輩に申し訳ない

 

など上司や同僚に後ろめたいと思う気持ちはさまざまかと思いますが、罪悪感を表に出しつつ精一杯仕事をすることで多少楽になるかと思います。

 

社内の人間関係が上手くいっている人や、責任感が強く優しい人ほど罪悪感を感じてしまうかもしれません。

退職日までに引き継ぎをしっかりして、残された業務をしっかりこなすことで、円満退社が可能になります。

 

 

やるべきことだけきっちりとやり、あとは割り切る

周りが冷たくなったと感じるという人も多いのではないでしょうか。

 

退職することが分かった途端に冷たい態度をとる人が出てくることがあります。

口をきいてもらえなかったり、あからさまに無視されるなどされても、同じ会社にいる以上まったく関わらないということは難しいですよね。

 

仕事の引継ぎなどでやりにくいこともでてくるかもしれませんが、人の気持ちまではどうこうできる問題ではないので、やるべきことだけきっちり行いあとは割り切ってしまいましょう。

 

 

気まずさで退職日までもたない、そんな時でも自分のやる気を保つ方法

awkward-no-retirement-date

退職が決まると急に気まずくなり、会社に行く気も失せますよね。

退職日までどうにかやる気を出して乗り切るには、以下の方法があります。

 

・次の職場のことを考えテンションをあげる

・プライベートを充実させる

・信用できる人に話を聞いてもらう

・残った有給を消化する

 

それぞれ解説していきます

 

 

次の職場のことを考えテンションをあげる

どんなに今の職場でやる気が出なくてもずっとこの状態が続く訳ではありません。

 

そんな時は次の仕事のことを考えるとワクワクしたり、事前準備をしたりすればテンションもあがるでしょう。

 

 

あなたの退職についてよく思っていない人であれば、自慢されているように感じ良い気分がしないかもしれません。

人から聞かれない限りは自分の中だけで楽しむことをおすすめします。

 

 

プライベートを充実させる

一歩会社を出ればあとは自由な時間です。

 

気まずい職場のことは忘れてプライベートな時間を存分に楽しんでストレスを発散させましょう。

 

オンとオフを自分で上手にコントロールできれば仕事も前向きに望めますし、気まずい期間などあっという間に過ぎてします。

やる気が出ない時は、普段より多少ハメを外してしまうのもアリです。

 

 

信用できる人に話を聞いてもらう

ひとに話を聞いてもらうだけで気持ちが落ち着いたり前向きになれることがあります。

 

ご自身が信用している人に悩みや話を聞いてもらうというのもひとつの方法です。

 

社内の人に話すのは絶対NG!

どこでどのように話が漏れるか分かりませんし、そこから変な噂が立つ可能性もあります。

できるだけ職場とは無関係の人に話をしてみてください。

 

 

残った有給を消化する

有給消化は会社員の権利なので退職までに使い切りましょう。

 

有休は退職が決まっていれば法律的に、雇用側は有休を使う日にちの延期を交渉することが出来ません。

 

 

その間にゆっくりと身体を休めたり、次の職場の準備に当ててもよいかもしれません。

 

ただし引継ぎの時間がない、繁忙期で人員が不足するなどの事態を避けるよう事前に上司と相談して配慮する必要があります。

 

 

退職で気まずくてもたない、社内状況を好転させる方法【3選】

awkward-no-retirement-date

次はどうにか会社での気まずい状況を変える方法を紹介します。

 

・引継ぎや片付けをしっかり

・挨拶をしっかりと行う

・今まで以上に仕事に対してやる気をみせる

 

それぞれ解説していきます

 

 

引継ぎや片付けをきちんと行い残された人に迷惑をかけない

残された人はただでさえ仕事が忙しいのに、退職する人の分まで仕事をしなければならず、今まで以上に負担がかかることは目に見えています。

 

そういった状況をなるべく軽くするためにも引継ぎはしっかり行い、後任のためにマニュアルを作っておきましょう。

 

やるべきことはきちんと行うことにより誠意が伝われば、あなたを見る目も優しくなるかもしれません。

 

 

挨拶をしっかりと行う

社会人として挨拶は基本です。

 

お世話になった人はもちろん、そうでもない人にも挨拶をしておきましょう。

 

挨拶をされて気分を害する人はいませんし、同じ業界の転職であれば退職後も付き合いが続くこともあり得ます。

挨拶をして少し会話をすることで、空気が和やかになる場合が多いです。

 

 

今まで以上に仕事に対してやる気をみせる

退職が決まっていると時間的な制約などもあるので、なかなか難しいかもしれませんが効果的な方法です。

退職が決まっても気を抜かず今まで以上に、精力的に仕事をするという人は多くいません。

 

あなたの頑張りと誠実さが認められ、次の職場での活躍も応援してくれるでしょう。

 

ですが、無理に残業などを引き受けて、自分の転職などを阻害しないようにしましょう。

 

 

気まずくて退職日までもたない時の退職の流れ【体調不良】

awkward-no-retirement-date

退職日まで気まずい場合でも、工夫することで気まずい時期を味わずに済むことが出来ます。

 

・退職日を確認し有給、体調不良など欠勤を使う

・退職に関わる書類や貸与品の返却(郵送可)

・嫌がらせや、気まずさで今すぐ辞めたい場合

 

それぞれ解説していきます。

 

退職日を確認し有休や体調不良での欠勤を使う

できることなら、引継ぎや取引先や関係各所への挨拶など事前に上司とスケジュールを確認しながら退職日の決定をすすめましょう。

 

その際でも会社にどうしても行きたくない場合は、残っている有給を使い会社に行かないようにする手段があります。

 

 

有給がなくても体調不良などで欠勤扱いにしてもらえば、給与はもらえませんが会社に行かなくても良いので、気まずい思いをせず退職が可能です。

 

 

抵抗のある人もいるかもしれませんが、「体調不良」で押し通してしまうのアリだと思っています。

 

辞めたらもう他人ですし、残り少ない会社のために疲弊するくらいなら、新しい人生や仕事への準備に費やす方が断然有意義です。

 

 

退職に関わる書類や貸与品の返却(郵送可)

退職届以外にも年金手帳や雇用保険被保険者証、離職票などの書類が必要となる場合があります。

 

またPCやスマホ、制服や社員証など会社からの貸与品を返却する必要があります。

事前に何が必要でどんな手続きが必要なのかを確認しておき、会社に行っていない場合は郵送しましょう。

 

 

嫌がらせや、気まずさで今すぐ辞めたい場合

残念ながら退職が決まった途端に、嫌がらせやイジメが発生するケースや、気まず過ぎて辞めたい人もいるでしょう。

ひたすら耐えるということもできますが、退職までの期間が長いとそうはいかない時もあると思います。

 

 

そんな時は即日退職ができる退職代行を

利用するのも一つの手です。

 

 

退職代行サービスは、退職に置いての交渉や退職を代行してくれる素晴らしいサービスです。

 

その退職代行サービスの中でも、一番実績があり信頼できる安心なサービスは冒頭にも紹介した【退職代行SARABA】です。

 

 

LINEで無料相談も出来ますので、「もう無理」という方は一度聞いてみても良いかもしれません。

 

 

 

もう限界!気まずくて退職日までもたない時の乗り越え方 情報まとめ

matome

最後にもう一度情報をまとめますと

 

・根本的な対策をする

・自分のやる気を引き出す

・会社の状況を好転させる行動

・無理な場合は行かない対策

 

退職日まで「めっちゃ気まずい」と、ほとんどの人は感じます。

真面目な性格の人や誠実な人であれば余計にそう感じるかもしれません。

 

退職までの気まずい期間をどうにかやり過ごし、新しい人生に向けて歩み出せれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました