コールセンターを突然辞めることは可能?【即日退職せよ】

possible-sudden-quit-call-center 退職

毎日同じ仕事ばかりで辛い

もう怒鳴られたくない

今すぐに辞めたい

 

 

帰宅しても、仕事のことを思い出すとイライラしたり憂鬱になったりすることもあるのではないでしょうか。

このような問題を解決します!

 

この記事の内容

・コールセンターを突然辞めることはできるけど即日退職はキツい

・コールセンターを突然辞める方法

・コールセンターを突然辞める注意点

・突然やめて会社に行かない退職代行

・まとめ

結論として、 コールセンターを突然辞めることは可能です。

ですが、即日退職は自力でやるのはハードルが高いですし、かなりの胆力が必要です。

この記事を読むことで、即日退職が出来る方法や、ご自身に合った辞め方を見つけることができますので、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 

 

どうしても突然辞めたい場合は退職代行を使うことで即日退社が可能になります。

その中でも信頼と実績がありコスパ最強なのが退職代行SARABAです。

 

精神的に限界な方や、もう会社に行けない人は利用を考えてみて下さい。

 

コールセンターを突然辞めることはできるけど即日退職はキツい

possible-sudden-quit-call-center結論から言うと、コールセンターを突然辞めることは難しいけど可能です。

即日退職は会社が認めた時のみ可能で、基本的には会社の規定に沿ってやることになりますので、難しいです。

 

法律上は退職の意向を告げたあと、14日後に退職可能になります

 

即日退職が無理な場合は、その制度を利用しましょう。

退職の意向を伝えて、14日後まで有給と欠勤扱いにすれば、明日から会社に行かなくても良い状態は作れます。

 

コールセンターを即日退職して、突然辞める方法

possible-sudden-quit-call-center

コールセンターを即日退職して突然辞める時に自力で伝える方法は以下の通りです。

・直接言う
​・電話
・郵送

それぞれ解説していきます

 

直接言う

直接、管理者に退職を希望する旨を伝えましょう。

その際は普段よりも早く出勤しタイムカードなどを押す前に、直接管理者の元にいき、今日付で辞めることを伝えるのが良いです。

 

もしくは、当日の朝に、退職を希望しているため業務時間終了後に話があるということを、管理者に伝えておきます。

そうすると、辞めることがわかるので、就業時間までに資料などを準備してくれるかもしれません。

 

この時は、即日退職が納得できるような、体の不調や、精神的な不調、急遽生活環境が変わったなど、即日退職をするべき理由をしっかりと伝えるようにしましょう。

 

 

電話で言う

電話で即日退社することを伝えるのも一つです。

直接言うよりは精神的な負担も軽くなるのではないでしょうか。

 

電話で話したのち、必要書類は郵送でやり取りしてもらう方法というのも一つです。

対面で話したときに引き留められると断りづらくなるものですが、電話や郵送でのやり取りだと、無駄に気を遣わなくて良いというメリットもあります。

しかし、場合によってはネームプレートやタイムカードなど個人情報などを含むようなものは、セキュリティ上、直接会社に持ってくるよう言われる可能性もあるので、その点は注意しましょう。

 

 

内容証明の郵送

退職届を内容証明で郵送することで、会社に行き直接管理者と話すこともなく退職届を出すことが可能です

内容証明での郵送の場合、確実に退職届を受け取ってもらうことが可能です。

 

この受け取り記録などは裁判などでも証明となります。

郵送で退職届けを送った後14日間休んで辞める方法もあります。

 

内容証明の郵送は、これまで退職届を出すも受け取ってもらえない方などにおすすめの方法です。

場合によっては一度、出社し面談などをしようと言われる可能性が大きいので、退職届を出したから退職できたと思わないよう注意しましょう。

 

 

コールセンターを即日退職して、突然辞める注意点

possible-sudden-quit-call-center即日退社をする場合には、いくつか注意点があります。

 

バックレで懲戒解雇

・執拗な引き止め

・嫌がらせをされる

 

それぞれ解説していきます

 

バックレは懲戒解雇かも

即日退社では会社に電話や報告をせずにそのまま辞めてしまうバックレという手段もあります。

しかし、バックレてしまうと解雇の中でも1番思い、懲戒解雇になる可能性が高くなります。

 

懲戒解雇されることで、失業手当をもらえなかったり、もらえるまでに通常よりも日数がかかる可能性もあります。

 

転職を希望している転職先に退職理由を聞かされ、重責解雇になったことを話すと、採用はまずされません。

そのため、懲戒解雇にはならないよう、バックレることだけは止めておきましょう。

 

 

 

執拗な引き留め

即日退社を伝えた場合、執拗に引き留められるかもしれません。

他のメンバーから嫌味を言われたり、再就職に対しての不安を煽ってきたりと辞めづらいことを言いながら引き留めようとしてくる管理者もいるかもしれません。

 

そのようなことがあっても、それなりの理由があっての即日退社であれば、ご自身の考えを主張し、しっかりと辞めることができるようにしましょう。

 

 

嫌がらせをされるかも

管理者に限らずメンバーから嫌がらせをされる可能性もあります。

少なからず管理者やメンバーに負担をかけることになるため、快く思わず攻撃的になる人も出てくるかもしれません。

 

例えば、管理者からは最後の最後に大きな仕事をさせられたり、メンバーからは悪口を言われたりすることもあるでしょう。

 

このようか嫌がらせが起きるようであれば

職場を辞めることは逆に正解だ

と思って、前向きに退職を決めてOKです。

 

書類のやり取りでもわざと送ってこなかったりされる事例もあるので、気をつけましょう。

 

コールセンターを突然辞めて、即日退社のように会社に行かない退職代行

possible-sudden-quit-call-center

どうにか即日退職できる方法はない?

もう精神的に限界

いくら即日対職出来ないとわかっていても、無理なものは無理なので、このように感じる気持ちはよくわかります。

 

そんな悩みを今すぐ解決できるのが退職代行です。

即日退社をしたいあなたの代わりに、代行して退職を希望する旨を管理者に伝えてくれ、様々な交渉まてましてくれます。

 

退職代行なら引き止められる心配もありませんし、即日退職もかなり現実的になります。

数ある退職代行の中でもダントツでコスパが良くおすすめなのは退職代行SARABAです。

 

体験談もありますので、よろしければご覧ください。

 

コールセンターを即日退社で突然辞める方法の情報まとめ

possible-sudden-quit-call-center

以上、コールセンターを辞める方法について紹介しました。

コールセンターを辞めるためには、直接言うことや電話で伝えるだけでなく、内容証明の郵送や退職代行サービスへの依頼といった方法があります。

辞めようとすることで、引き留めや嫌がらせにあうなどの注意点もあります。

ご自身の状況や職場の環境などを加味して、適切な退職方法を選択しましょう

しかし、いずれにせよ退職を申し出るという行為は、精神的に楽なものではないでしょう。

少しでも精神的な負担を減らすのであれば、退職代行サービスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

もし興味があるのであれば、転職代行サービスがどんなものかの詳細も確認してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました