退職代行で後悔しないための、たった1つのポイント【最初で決まる】

one-point-no-regret-retirement-agency退職

退職代行を使いたいけど後悔しないの?

 

使った人で後悔してるのはどんなとき?

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事の内容・退職代行で後悔しないたった1つのポイント

・退職代行を使って後悔する3つの事例

・退職代行を使わないで後悔した3パターン

・失敗しないための3つのポイント

・まとめ

 

結論から言いますと、退職代行を使い会社を辞められた人で後悔している人はいません

 

ですが、選び方を間違えたりしたために、退職代行を使って後悔している人も少なからずいます。

 

この記事を読めば「後悔しない退職代行の使い方」について、参考になると思うので、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 

退職代行を使って後悔しないためのたった1つのポイントとは?

one-point-no-regret-retirement-agency

退職代行サービスを使って後悔しないために気をつけるたった1つのポイントは「業者の選び方」です。

 

業者選びを間違えないことで、業者は3つの形態があるので選び方に注意しましょう。

 

・弁護士事務所

・労働組合法人

・退職代行

 

上記の3つの違いは、法務作業をどの程度行うかです。

 

退職代行の選び方さえ気を付ければ、退職代行サービスを使うことに関しての後悔はなくなります。

 

退職代行で後悔しないために知りたい業者の違い

one-point-no-regret-retirement-agency

最初に退職代行の業者をそれぞれ解説します。

 

弁護士事務所

弁護士の人が「代理で業務」を行ってくれるので、法律的にも専門的な交渉が可能です。

ブラックな企業や、未払い賃金がある等のトラブルが起こりそうな場合は、すべてを代理することができる弁護士運営の退職代行が良いでしょう。

 

労働組合法人

法律で認められた労働組合が運営する退職代行です。

弁護士事務所ほどの専門的な代理や、裁判の代理はできないですが、未払い賃金や有休消化について交渉できるサービスもあり、退職率は100%で費用も弁護士より安いです。

 

退職代行会社

一般企業が運営していることが多く、法律事務は一切行うことができません。

会社に辞めることを伝えて、退職の手続きをするのみになるので、会社から断られることもあります。

ですが、転職会社と提携しお祝い金がもらえたり、他のサービス面が充実している所が多いです。

 

退職代行で後悔しないための業者の選び方は?

one-point-no-regret-retirement-agency

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、どれを選べばいのかわからないよ。。。

 

そんな方のためにここでは、選び方を詳しく説明します。

 

・法的に問題がある会社は弁護士

・法的に問題がない会社の退職は労働組合

・一般企業はなるべく避ける

 

法的に問題がある会社は弁護士に頼む

まず弁護士だけができる法律事務について解説します。

「法律事務」とは退職による残業代などのお金などに関する交渉のことです。

 

弁護士以外の会社が、お金をもらって法律事務の仕事をするのは「非弁行為」となり違法になります。

具体的にはこのような内容は、弁護士による代理でしか解決できません。

 

・裁判やの代理

・損害賠償が請求された場合

・会社と揉めていること

・パワハラ、セクハラなど

 

大きいプロジェクトを抱えていて、損害賠償を請求される、懲戒停職を受けているなどの弁護が必要になりそうな場合は、弁護士による退職代行が理想です。

法律事務の仕事をして欲しい場合や、全く会社に関わりたくない場合、弁護士が退職代行をしてくれる会社にお願いしましょう。

法律が絡む退職には弁護士法人みやび」が有名なのでおすすめです。

 

 

法的な問題がない場合は労働組合に頼む

労働組合の会社は団体交渉権があるので、会社に対して交渉が出来ます。

組合からの交渉を会社は拒否することができません(不当労働行為という法律違反に当たる)。

国から不当行為と認められた場合、国から救済命令(誠実に交渉するよう)が出るので、会社は不利な状況で交渉を始めなければいけません。

このようなことから、会社は面倒くさがり、すんなり交渉が通ることがほとんどです。

労働組合で出来ることは以下の通りです。

 

・有給消化

・退職の時期の調整

・退職金

・サービス残業などの未払い賃金

 

法的な問題が特にない方には、賃金の交渉と可能な労働組合の退職代行が、リーズナブルです。

taisyoku

 

労働組合で「最強」と言われるおすすめな退職代行は「退職代行ガーディアン」です。

ただの一般企業はなるべく避ける

一般企業は交渉などは全く出来ず、ただ退職の意向を伝えるだけになるので、結局退職手続き等を自分でやることになることもあります。

退職代行の失敗談などは、一般企業を利用したものになります。

 

大体の会社は一般企業の退職代行でもやめさせてくれますが、中にはしつこく電話をしてきたり、家に来たり、緊急連絡先に連絡する会社もあります。

 

問題にされた場合にも、交渉権がなくその意向を伝えることしか出来ないので、お金がどうしてもない方以外は、極力避けましょう。

 

そのかわり提携している求人会社などを利用すると、お祝い金がもらえて、実質無料で退職代行を使えることもあります。

ですが、弁護士監修で労働組合と提携していて、サービスが充実しているので退職が確実なのは退職代行Jobs です。

 

 

それぞれを比較してランキングにした記事もありますので、気になる方はご覧ください。

 

退職代行を使って後悔するパターンを解説

one-point-no-regret-retirement-agency

実際に退職代行を使って後悔するのは、以下の3パターンなのでそれぞれ解説していきます。

 

・退職を認められない場合

・自分で言えなかった罪悪感

・詐欺や悪質なサービスを利用した時

 

退職代行で退職を認められなかった

お金を払い退職代行サービスを使用したにも関わらず、実際に退職出来ないパターンが1番後悔した人が多いです。

先程も話ましたが、一般企業がやっているサービスを使用したことにより、退職がうまく出来ずに無駄金を使ってしまうことになりますので、気をつけましょう。

 

自分で退職を言えなかった罪悪感

退職の意向などは自分で言うのがマナーとなっています。

どんなに辛い時期に辞めたとしても

 

・会社に恩がある

・お世話になった上司がいる

・良くしてくれた取り引き先がある

 

感謝の意を自分で言えなかったことに、罪悪感を持つ人がいます。

会社に恩がある場合などは、気まずくても自分でしっかり退職の意向を示し、手続きをしましょう。

 

詐欺や悪質なサービスを利用した時

実際に詐欺や、悪質なサービスも存在します

安い値段に飛びついて詐欺の被害になった方も実際にいますので、実績のある会社を選びましょう。

 

悪質なサービスというのは、一般企業が交渉できないことをいいことに「非弁行為になるので後はご自身でお願いします。」と丸投げをしてくるサービスです。

会社側も事例が増えると、対策が出回るので一般企業の退職代行はそのうち無くなるかもしれません。

 

退職代行を使わないで後悔した人はこんな人

one-point-no-regret-retirement-agency

実は退職代行を使わないで後悔した方々は多くいます。

 

・会社が超ブラック

・会社をバックれてしまった

・自分で退職のやりとりして病んでしまった

 

詳しく解説していきます。

 

会社が超ブラック

会社がブラック企業で自力で辞めた場合、退職代行を使いたかったと言っている方が多いです。

・辞めるにも辞めさせてもらえない

・安い賃金で働かされてた

・残業代などをもらってない

 

挙句の果てには辞める時に、人格否定や罵倒をされた方も多いです。

退職代行を使っていれば、賃金も休みも適正に請求出来たのに、、、と感じているそうです。

 

会社をバックれた

それなりの立場の人で会社をバックれた方は、「懲戒解雇」にされてしまい、次の就職が大変だったそうです。

退職代行を使えば、基本的に円満退職出来るので、このような遠回りはしません。

 

自分で退職のやりとりして病んでしまった

すでに限界が来てるのに、無理して引き続きや、退職手続きなどをして、数ヶ月何も出来ないようになってしまう方は、皆使いたかったと後悔しています。

 

また、家族に退職の代理手続きをしてもらい、苦労した人もいました。

 

退職代行で後悔しないため具体的な2つのポイント

one-point-no-regret-retirement-agency

退職代行で後悔しないための具体的なポイントは2つあります

  • 無料の事前相談をする
  • 計画をしっかり立てて、準備をする

無料の事前相談をする

退職代行を使う際には、しっかりと事前の無料相談をすることが、重要です

事前相談をすることで、今後自分がやるべきことや、退職代行の流れがわかりますので、不安になることなく、退職代行を利用することができます。

計画をしっかり立てて、準備をしてから辞める

今すぐ辞める場合は仕方ありませんが、余裕があれば事前の計画を立てて辞めることが理想的です。

事前準備としてやっておきたいことが

・引き継ぎの書類作り

・転職先見つけておく

この2つになります。

引き続きの書類を作っておくことで、余計なトラブルを防ぎ、転職先を見つけておくことで、将来の不安もなくなります。

 

退職代行で後悔しないための情報まとめ

one-point-no-regret-retirement-agency

 

最後に退職代行で後悔しないためのポインをまとめておきますと、

・業者選びをしっかりする

・自分の状況をよく考える

・悪質な業者に気をつける

・使って後悔した人は、ほぼいない

・病んでる人はすぐに使うこと

・辞める前に事前準備ができたら理想的

退職代行で後悔しないためのポイントを解説しました。

退職代行を使わないで後悔するよりも、退職代行を使って、会社と円満退社して、本来の自分の人生を取り戻しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました