洗えるマスクはどこで売ってる? こんな高級マスクもあるよ!

where-are-the-washable-masks-sold日常の知識

今ではつけるのが当たり前なマスク。

でも、毎日毎日繰り返し使い捨てていたらキリがないですよね。

そこでおすすめなのが「洗えるマスク」です。

悩んでる人

でも今って品薄じゃないの?
どこにいったら売ってるの?

この記事では数々の疑問にお答えしますので、是非お役立てください。

種類・使用期限・洗い方などについても併せてご紹介します。

洗えるマスクはどこに売ってる? ネットが一番おすすめ

where-are-the-washable-masks-sold

洗えるマスクは、もうすでに身近なところで売っています。

ネットやドラックストアー、コンビニなど、普段立ち寄る場所でも売っているので見てみましょう。

ネット通販

パソコンでもスマホでも気軽にアクセスできて、色々な種類が見れるのでおすすめです。

ひとつ注意点としては、送料がかかるお店もあるというところでしょう。

購入の際には、商品代金+送料で比較検討してください。

ドラッグストア

ドラッグストアは安心感がありますね。

薬局なので本家本元も同然ですし、物もしっかりしているので、信頼度が高いです。

お近くの店舗なら、お買い物のついでに立ち寄ることもできます。

店員さんに、不明点やイチ押し商品などを尋ねることも可能。

ただし、万一の品薄で入手できないこともあるので、ご注意ください。

コンビニ

おなじみのコンビニを、知らない人はいないでしょう。

いまや、お子様からお年寄りまで幅広い世代で利用されています。

大手コンビニエンスストアのセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでは、コロナ緊急事態宣言中も通常通りの営業を続ける方針です。

遅い時間でも、夜食のついでにマスクの買い足しに走ることができます。

ただし、品薄で売り切れの場合もあるので、ご注意ください。

洗えるマスクの種類と選び方を紹介、いいマスクを買おう

where-are-the-washable-masks-sold

洗えるマスクといったら、布マスクを思い浮かべる方も多いでしょう。

素材としては、主にガーゼ、コットン、シルク、ポリエステルなど合成繊維を採用した洗えるマスクも存在します。

つけていて違和感がなく、規格がしっかりしているものを選びましょう。

普通のものより高級なマスクは、肌荒れや息苦しさが少なく長持ちするのでお勧めです。

天然素材のマスク

柔らかいガーゼやコットンなどの天然素材を使用しています。

肌触りが優しいので、肌が弱い方や肌への負担が気になる方におすすめ。

綿素材だと比較的通気性が良いので、息苦しさも軽減できるでしょう。

シルク素材のマスク

エレガントかつナチュラルな印象のマスクです。

しっとりした滑らかな肌触りもさることながら、生地に光沢もあり華やか。

多くのアミノ酸やたんぱく質を含むシルク製は、肌もすべすべになります。

デニム素材のマスク

スタイリッシュかつカジュアルなマスクです。

吸湿性と放湿性に優れていて、さらりとした肌触りの快適なつけ心地。

肌に触れると少しひんやり感もあるので、夏など暑い季節におすすめの一品です。

水着素材のマスク

なんとも奇想天外な水着素材ですが、見た目はごく普通のマスクです。

素材はポリエステルとポリウレタンを使用しているので、伸縮性があります。

速乾性に優れており、洗っても乾きやすいところが最大の特徴。

抗菌・抗ウイルスのマスク

細菌の増殖を抑制する「抗菌加工」または「抗ウイルス加工」が施されています。

なかには、消臭効果や花粉対策を施したものもあります。

何回も洗って使えるのはもちろん、洗っても効果が持続するので安心です。

洗えるマスクはいつまで使っていつ捨てるか

where-are-the-washable-masks-sold

洗えるマスクは、何回も洗えることが前提ですが、どのくらいの耐久性があるのか気になりますよね。

素材や製法によって、それぞれ使用回数は違うので、洗えるマスクの耐久回数を明確にすることはできません。

ですが、購入する商品の説明欄を見てみると、使用回数を明示している商品もありますので、一つの目安にしましょう。

なお、使用回数は絶対的なものではなく、使用状況によっても変わります。

例えば、一日中マスクを着けている場合だと劣化も早いですが、スーパーなどへ行く時だけ一日一回だけ使う場合なら、より長く使えます。

 

捨てるときの目安は、この通りです。

・汚れが目立つと感じたとき
・毛羽立ちが目立つと感じたとき
・ヨレヨレになってきたとき
・耳にかけるゴムが伸びきってしまったとき

もし何かちょっとでも気になることがあれば捨て時です

洗えるマスクの洗い方、マスク用洗剤について

where-are-the-washable-masks-sold

まず洗えるマスクを購入する際に、商品のパッケージを確認しましょう。

パッケージに「家庭で洗える」と表示されていれば、基本的に洗えます。

洗えるマスクは、基本的に手洗いです。

どうしてもという場合は、劣化を覚悟しつつネットに入れて洗濯機へ。

布マスクは、一般的な衣料用洗剤で洗うことができます。

洗えるマスクによっては、中性洗剤で洗うようにと指示がある場合もあるので、その際は中性洗剤を使用しましょう。

ポリウレタン素材のマスクは、家庭で洗える表示がない場合は洗えません。

洗える場合でも塩素系漂白剤を使用すると黄色く変色したり、強度が低下します。

洗えるマスクは衛生面的に綺麗に使うには1日1回の洗濯が必要です。

細菌やウイルスの付着防止のため洗えるマスクを洗う際には必ず1枚ずつ分けて洗いましょう。

意外と知られていませんが、マスク用洗剤もありますので、高級マスクはコチラを利用したほうが良いです。

洗えるマスクを洗うときに準備するもの

洗面器、洗面ボウル

衣料用洗剤
(できれば中性洗剤を使用するほうが長持ちします)

清潔なタオル
(ハンドタオルやフェイスタオルでOKです)

手荒れしやすい人はゴム手袋を付けましょう。

スポンジがあると口紅などの汚れを落としやすいです。

洗えるマスクの洗い方

・洗面器などの容器に水と洗剤を入れましょう

・洗剤液にマスクを入れたら10分間ほど漬け置き

・10分が経過したら手で10回ほど押し洗いしましょう

・スポンジのポンポン叩き洗いで口紅などを落としましょう
※繊維が傷む可能性があるのでゴシゴシもみ洗いはNGです

・泡立った洗剤液を捨てます。
このとき洗剤液は飛び散らないよう静かに流しましょう

・水を新しい物に入れ替えて、水の中でマスクを揺らすようにして、しっかりすすぎましょう

水からマスクを取り出して、両手に挟んでグッグッと押すようにして水気を切ってください

※このときマスクをねじって絞らないよう注意しましょう

つぎにタオルでマスクを包み、両手で軽く叩くようにして水気を拭き取ります。

干す前に縦横に引っ張りマスクの形を整えて、陰干しでマスクを乾かします。

マスク本体の両端を目安に洗濯バサミで挟むようにしましょう。
※ゴムの部分を挟むと伸びる原因になります。

洗えるマスクがどこに売ってるかの情報まとめ

where-are-the-washable-masks-sold

最後に、洗えるマスクについてまとめます。

・今はどこでも売ってる
・素材は豊富で、合ったものを買う
・使用回数における耐久性は、商品によって違う
・汚れや劣化が目立ってきたら捨てる
・一日一回手洗いをする

使い捨てマスクだと費用はかさむし、ゴミも増えてますし、手洗いしたら毛羽立って劣化の度合いが激しいですよね。

ここはひとつ、洗えるマスクに切り替えてみてはいかがでしょうか?

経済的にも、衛生面でも、洗えるマスクはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました