大河ドラマ「天地人」のあらすじや評価と、ネタバレ控えめな感想!動画配信サービスにて無料で見る方法とは?

tenchijin-evaluation-synopsis-spoilers大河ドラマ動画配信サービス

大河ドラマ「天地人」とは2009年に放送された、妻夫木聡主演の作品です。

原作である火坂雅志の「天地人」は2006年から新聞で連載が始まった小説であり、連載開始からドラマ化までが わずか3年という期間でした。

この記事では

・天地人のあらすじ
・主要キャスト
・おすすめポイント
・観た後の注意点

これらについてまとめました。

大河動画「天地人」のあらすじ

出典:大河ドラマ『天地人』 | NHK放送史

この作品は越後の武将、上杉景勝を支えた家臣であり 「義」​と 「愛」​に生きた武士 「直江兼続」​の一生を描いたドラマです。

なんと兜に「愛」という文字をあしらったという珍しい武士でした。

この作品では人間同士の友情と愛情の深さが描かれています。

大河ドラマ「天地人」を楽しむために知っておきたい時代背景や、注意すべき部分を紹介します。

放送年 2009年

脚本 小松江里子

放送 全47話

・時代・・・戦国時代。1565年~1620年まで
・場所・・・主に今の新潟県、山梨県、山形県、宮城県の辺り。または京都、大阪近郊。

戦国時代は各土地の武将が、その土地を守るためにはどうするかを考え抜き、色々な策を講じた時代です。

その中にはユニークなものもあり「将来の殿様に仕える側近を、子供の頃から一緒に生活させ教育する」という方法考えた人もいたようです。(諸説あり)

そんな教育方針が作り出され、その土地に住む若干5歳の 与六​(後の直江兼続)にその役割が回ってきます。

やんちゃで頭脳明晰な与六にスカウトが来たのです。幼くして家族と別れ、国の為に英才教育を受ける与六とその仲間たち。

そして9歳にして次期当主となるべくその者たちの上に立つ 喜平次(後の上杉景勝)​。越後の国を支えるため、学問や武芸に励むのでした。

そうして成長していく喜平次と与六たちですが、その先に待ち構えていたのは戦乱の世。越後の当主、 上杉輝虎​(後の上杉謙信)を中心に戦乱の世に生きる武士の戦いが始まるのでした。

 

 

大河ドラマ「天地人」を見る前に調べておくと良い知識

「天地人」を観るときには 「上杉景勝」​と 「直江兼続」​がどういう人物かを調べる程度で良いでしょう。

しかしそれ以外の調査は不要です。なぜなら作品に脚色が多く、史実を調べると混乱を招く恐れがあるのでおすすめできません。

また劇中の説明で使っている地図が分かり易いので、ナレーションの説明を聞きながら地図を確認すれば土地勘も理解できます。

気になることがあったとき、簡単に調べれば問題ありません。

 

 

大河ドラマ「天地人」の主要キャストの評価

出典:ホリプロオフィシャルサイト

86​/100点

天地人のキャストは、この時代に旬な俳優を揃えています。色々な世代、色々なジャンルのイケメン美女を揃えた俳優陣は華やかです。

主人公と家族

・直江兼続(幼少期は与六)/妻夫木聡

越後(現在の新潟県)の武士の子に生まれた主人公。上杉景勝の家臣になるべく5歳から英才教育を受けたエリート武士で、「愛」の兜を被る男。賢く優しい武士の姿を演じる妻夫木聡の雰囲気は適任です。

代表作「映画・ウォーターボーイズ」「憑神」「感染列島」

 

・樋口惣右衛門/高嶋政伸

兼続の父。勘定奉行から後に出世します。一生懸命働く尊さは武士も農民も同じであると子供に教える、笑顔も性格も優しいお父さんです。

代表作「HOTEL」「秀吉」「探偵はBARにいる」

 

・お藤/ 田中美佐子

兼続の母。優しさ溢れる美しいお母さんです。病弱でありながら必死に我が子を見守る姿を田中美佐子が演じます。

代表作「オヨビでない奴」「金田十番勝負」「14才の母」

 

・樋口与七(後の大国実頼)/ 小泉孝太郎

兼続の実弟。成長してからは兼続とその仲間と行動を共にすることが多い人物です。時に頼りになり、時に兄と衝突するというリアルな弟。小泉孝太郎の雰囲気は妻夫木聡の弟役にぴったり、良く似た兄弟です。

代表作「ハケンの品格」「八重の桜」「下町ロケット」

 

直江家

・お船/常盤貴子

兼続の従姉。暴れ馬を止める程の男勝りな性格ですが、兼続をしっかり支える女性を常盤貴子が演じます。

代表作「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「カバチタレ!」

 

上杉家

・上杉輝虎(後の上杉謙信)/ 阿部寛

上杉家の当主で、戦に強いことから「軍神」「毘沙門天の化身」「越後の虎」等の異名を持つ武士です。強いだけでなく義理に厚く利益を求めない実直な性格で、また学問にも長けている戦国最強の武将を阿部寛が演じます。

代表作「テルマエ・ロマエ」「坂の上の雲」「下町ロケット」「結婚できない男」

 

・上杉景勝(幼少期は喜平次)/北村一輝

上杉輝虎の甥っ子ですが後に養子に入り息子となります。主人公の兼続が生涯仕える武将。無口で無愛想ですが仲間思い、部下思いの殿様を演じるのは北村一輝。表情を崩さない演技がポイントです。

代表作「日本黒社会 LEY LINES」「テルマエ・ロマエ」「猫侍」

 

・上杉景虎/玉山鉄二

上杉謙信の養子で景勝とは義兄弟。関東一ともいわれるイケメンで、武芸・学問に秀でている他、踊りや歌も得意で女性の人気も高い上杉家のスーパースター。上杉謙信の子らしく真っ直ぐですが、闇を抱えた性格を人に利用されてしまうこともあります。

代表作「百獣戦隊ガオレンジャー」「逆境ナイン」「西郷どん」

 

・仙桃院/ 高島礼子

上杉謙信の姉であり、景勝の実母。幼少の兼続らを景勝の家臣にするため、兼続を直々にスカウトに行きます。上杉家のために東奔西走する姿は正に「国の母」。兼続らの母親代わりを高島礼子が演じます。

代表作「壬生義士伝~新選組でいちばん強かった男~」「結婚できない男」「エンジェル・ハート」

 

・華姫/相武紗季

上杉景勝の妹。明るく落ち着いたお姫様ですが、兄譲りの頑固さと愛に生きる姿は頼もしくも健気でもあります。

代表作「どんまい!」「華麗なる一族」「エンジェル・ハート」

 

・泉沢久秀/東幹久

兼続と共に幼少期から家臣となった人物。幼少期は兼続のケンカ相手ですが、成長すると良き仲間となりました。上杉謙信も認めた槍の使い手です。

代表作「お金がない!」「どんど晴れ」「軍師官兵衛」

 

・甘糟景継/パパイヤ鈴木

兼続と共に幼少期から家臣となった人物。人情味があり、一番の仲間思いです。パパイヤ鈴木が雰囲気を和らげてくれます。

代表作「こころ」「鴨川ホルモー」「集団左遷」

 

・北条高広/新井康弘

上杉謙信の時代から仕え、仙桃院からの信頼も厚い勇猛な古参武将です。演じるのは元「ずうとるび」の新井康弘、渋い武将です。

代表作「岸辺のアルバム」「飛ぶが如く」「大好き!五つ子」

豊臣家

・豊臣秀吉/笹野高史

農民から天下人となった日本一の出世頭。人の心理を突くことと、お金の使い方が上手。欲しい者を手に入れるのに手段を選びません。笹野高史が、ある時は陽気・ある時は狂気の秀吉を演じます。

代表作「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」「わろてんか」

 

・前田利家/津井健

秀吉の良き相談相手。加賀百万石を作った人物です。秀吉と遊んだり一緒に食事をしたりします。他の武将からの信頼も厚い名将です。

代表作「ザ・ガードマン」「ぴあの」「ごくせん」「サラリーマン金太郎」

 

・石田三成/小栗旬

豊臣家で一番の切れ者。優秀な人物ですが正確に難ありで敵が多い。しかし兼続とは固い友情で結ばれている人物です。小栗旬が人気絶頂だった2009年の演技を観ることができます。

代表作「秀吉」「花より男子」「クローズZERO」「信長協奏曲」

 

・淀/深田恭子

豊臣秀吉の側室にして秀頼の母。とぼけたキャラですが後にしっかり者となる淀君を深田恭子が独特の演技で表現します。

代表作「神様、もう少しだけ」「下妻物語」「ヤッターマン」「平清盛」

 

・福島正則/石原良純

勇猛な豊臣家の家臣。勇猛で酒に強いが三成と仲が悪く、酒席での失敗も多い人物です。石原良純がそのままのキャラで演じています。

代表作「西部警察」「太陽にほえろ!」「どんど晴れ」「花燃ゆ」

 

・大谷吉継/津田寛治

豊臣家の名将にして石田三成の親友。病に侵されてしまいますが部隊を指揮する能力は健在です。津田寛治が、三成を説き伏せるカリスマ性ある吉継を演じます。

代表作「Dr.コトー診療所 」「仮面ライダー龍騎」「ひよっこ」

徳川家

・徳川家康/松方弘樹

大きな野望を持ち、情け容赦のない武将。三河・遠江・浜松(今の静岡県)を治めています。兼続らに何かと嫌がらせをしてきます。

代表作「仁義なき戦い」「遠山の金さん」「十三人の刺客」「ハケンの品格」

 

・徳川秀忠/中川晃教

徳川家康の息子。父と違って兼続を信頼しており、友情で結ばれています。

代表作「コンカツ・リカツ」

真田家

・初音/長澤まさみ

色々な人物に変装し、大名に取り入る謎の女性。長澤まさみが和装・洋装問わずの衣装で現れ、物語を作っていきます。

代表作「世界の中心で、愛をさけぶ」「ドラゴン桜」「真田丸」

 

・真田幸村/ 城田優

現在でも高い人気を誇る名将。エリートの兼続とは違い、実力者でありながら不遇な扱いを受けていますが、兼続と仲良くなり路が開けていきます。イケメン真田幸村を演じるのは城田優です。

代表作「ROOKIES」「ハケンの品格」「今日から俺は!!」

その他の武将

・織田信長/吉川晃司

かつて豊臣秀吉が仕えていた武将。兼続の当主である上杉謙信と真っ向から対立し、神も霊も恐れない現実主義者です。

代表作「レディ・ジョーカー」「八重の桜」「さらばあぶない刑事」「下町ロケット」

 

・伊達政宗/松田龍平

直江兼続と並ぶ東北の名将。生まれてくる時代が早ければ信長や秀吉と並ぶ逸材と言われています。後に兼続の友人となります。

代表作「御法度」「ハゲタカ」「探偵はBARにいる」「あまちゃん」

 

・お涼/木村佳乃

お茶の名人、千利休の娘。京都に来た景勝たちに京都の風習や礼儀を教えたり、訪問客リストを作ったりして秘書的な役割を担当します。

代表作「PS -羅生門-」「ひよっこ」「真田丸」

 

 

「天地人」のキャストは、見事な程に 美男美女の集まりです。

女優陣を見てみましょう。

大御所女優・・・・・ 草笛光子、富司純子、萬田久子

ベテラン女優・・・ 田中美佐子、高島礼子

中堅女優・・・・・ 常盤貴子、深田恭子、吉瀬美智子、木村佳乃、青山倫子

若手女優・・・・・ 長澤まさみ、相武紗季、比嘉愛未、逢沢りな

番外編・・・・・・・ ナレーション宮本信子

(2009年時点の芸歴を考慮しています)

男性俳優陣はタイプで分けてみます。

正統派・・・・ 吉川晃司、玉山鉄二、小栗旬、新井康弘

ヤサ男系・・・・ 妻夫木聡、小泉孝太郎、中村倫也

濃い顔系・・・ 阿部寛、北村一輝、東幹久、城田優、松田龍平

女優陣は年代で美女を揃え、男性俳優陣は顔のタイプを揃えた風で、美意識が高く感じられます。

主演の妻夫木聡は大河初出演でした。勇猛な武士とは違い知略と人望で解決を図る直江兼続の役は、妻夫木聡の優しそうな雰囲気がよく似合います。

 

 

大河ドラマ「天地人」の評価が高いおすすめポイント

出典:大河ドラマ『天地人』 | NHK放送史

「天地人」は、時代劇というより青春ドラマや恋愛ドラマに近い作りになっています。そして戦う場面(殺陣やアクション)は抑え気味であり、話し合いでの解決が多いという特徴があります。

そのため通常のドラマと同じ感覚で視聴できるので、時代劇を普段観ない方にもおすすめです。

天地人のおすすめ評価ポイントは以下の4つ。

・男の友情
・恋愛事情
・家族愛
・話し合いの大切さ

男の友情

幼少期より一緒に過ごし、共に成長していった仲間との友情が描かれています。その他、人と分かち合い、深い友情で結ばれる場面は心に来るものがあります。時折コミカルに描かれており、作品を柔らかくしていますので非常に観やすいといえます。

 

恋愛事情

の恋愛事情は、現代ドラマの恋愛のような場面が多くみられます。戦国時代といえば政略結婚が常でしたが、この作品では 「恋心」がしっかり表現されていますので、親近感を持って観ることができるでしょう。

 

家族愛

家族愛も非常に美しく表現されています。優しい親が見せる厳しい一面、兄を支える弟、母を思う息子の姿等は時代劇というよりホームドラマに近い感覚を覚えます。

 

話し合いの大切さ

合戦よりも話し合いの場面が多いところ。「話せばわかる」と言わんばかりに主人公が相手と交渉の場を持ちます。まるでビジネスマンの商談の如く、相手を説き伏せます。刀や槍で戦う場面には生々しさが無く、切り合い等が苦手な方でも安心してご覧になれます。

 

 

大河ドラマ「天地人」の感想

「天地人」は戦国時代の人間模様を現代ドラマ風にアレンジしている作品といえます。 そのような作りが影響したのか、史実では敵だった人物が仲間のように描かれていたり、当時は存在しなかった日本語が使われていたりします。

そして大きな特徴として、主人公の大親友にして抜群の知名度を誇る 「前田慶次」​の登場がありません。

彼をご存じの方は、あらかじめ出番がないことは本当に残念ですが、ご 理解した上でご覧ください。とにかく、時代考証はあまり気にしない方が良い作品です。

その他の演出として、ドラマが始まる前に書道家・武田双雲の書が表示されます。

以上のことから、 「恋愛ドラマや青春ドラマが戦国時代にタイムスリップしたらどうなる?」

という感覚で観ると面白くなります。また、史実を追うよりも脚色を楽しむくらいの気構えで作品を楽しんでしまいましょう。

戦国時代が舞台ですが、ド派手な大河ドラマ感があまりない感じですが、それはそれでストーリーをじっくり楽しめました。

 

 

大河ドラマ「天地人」を観た後の注意点

ご覧になった後の注意点として「ロケ地」に行きたくなったら、 必ず事前確認してください​。天地人には実際に存在しない場所も多く出てきます。ロケ地を巡ろうと現場に向かったところ、 目的の場所はロケ地でなくドラマセットだった​という話が実際にありました。

 

 

大河ドラマ「天地人」出演者の他作品

出演者の他作品で一番話題になったのは 小栗旬​。

子役時代に大河ドラマ「秀吉」に出演し幼少期の石田三成を演じており「天地人」で成人した三成役を演じて話題になりました。

その後ドラマ「信長協奏曲」では織田信長と明智光秀の二役をこなすという大役を演じでいます。

また、 長澤まさみ​は後の大河ドラマ「真田丸」においても真田家の女性を演じています。

上杉謙信役の 阿部寛​と織田信長役の 吉川晃司​は、後にドラマ「下町ロケット」にて親会社の部長と下請け会社の社長という立場で対決し、天地人を彷彿とさせてくれました。

これも何かの縁かもしれませんね。

 

 

大河ドラマ「天地人」のあらすじや評価、感想のまとめ

大河ドラマ「天地人」を観ると、以下のようなことが分かります。

・友情の尊さ
・生きていくには人の愛が不可欠ということ
・人間、腹を割って話し合うことが大切

さすが兜に「愛」の文字をあしらった人物が主人公なだけに、色々な「愛」の形が描写されています。多くの愛を受けた人物も登場しますが愛に飢えた人物が愛を求める姿もあり、その人間模様は美しくも儚くもあります。

また、話し合いにより解決しようとする兼続の姿は、誠意を持って話し合う大切さを説いているかのようです。

「愛」の兜を被る男、直江兼続を取り巻く人々が見せる「愛」の形を是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました