初心者、ファミリー向け! スキー場の選び方、いいゲレンデを見つけよう

ウィンタースポーツ

近年の冬は、雪山でスノーボードやスキーを楽しむ方が、とても増えたように思えます。
やったことある方も多いと思いますが、ウィンタースポーツは本当に楽しいですね。

今回は沢山あるスキー場の中から「自分達が楽しめるゲレンデ」を、どうやって見つけるかを書きたいと思います。

特に初心者の方が、自分にベストなスキー場を選ぶのは、かなり難しいと思います。
せっかくのウィンタースポーツなので、行ってから後悔しないようにしましょう!

先に決める方法の結論を書くと

・交通手段、金額から決める
・ゲレンデの大きさを見る
・自分のレベルに合っているゲレンデか確認
・キッズスペースなどの設備をみる

以上のことを決めて考えて、決めていきましょう!
それでは詳しく解説していきますので、気になる所をご覧下さい!

交通手段、金額から決める

まずは予算と、交通手段を決めましょう。

スキー場へ行くのに

・車を運転して行くのか
・バスで行くのか
・電車で行くのか

予算が大幅に変わります!

安く行きたい方や、手ぶらで行きたい方は、ツアーで行くのがおススメです!
詳しくはこちらをご覧下さい! 初めてスノボーに行く時は何で行けばいい?

交通手段が決まったら、片道何時間かかる所へ行くかを決めましょう!

近場の距離のゲレンデへ行くメリット

遠くのスキー場へ行くと、雪質がよく、ゲレンデが大きい所が多いです。

近場だと雪質はそこまで良くないですが、交通の便がとてもいいです。

交通状況によりかなり左右されますが、東京発で移動にかかる時間を、簡単にまとめました。

・水上 90分〜120分
・湯沢 2時間〜3時間
・白馬3時間30分〜4時間30分くらい

普段車を運転しない人が、レンタカーなどで行くのなら、道が険しくなく、近い所にしましょう。

基本的に人気があり、遠くにあるゲレンデは料金が高くなります。

宿泊でのスキー旅行の場合は、人気の温泉地、グレードのいいホテルに泊まると、とても高く、年末年始では一人3万円の所もあります。

安すぎるところは、ご飯がとても質素だったり、設備が古かったりするので、相談して決めましょう。

旅行会社のツアーだと、安いところで宿泊、1万円程からの所もあります。

スキー場の大きさを見る

初心者や、ファミリーの方は、大きすぎないゲレンデを選びましょう。

苗場のような横に大きいゲレンデでは、レンタルや、リフト券売り場、駐車場、宿泊先など、雪の中移動をして見つけるのがとても大変です。

何回かゲレンデに行くと「どこに何があるか」がわかるようになりますので、それまでは横幅の小さめなゲレンデにしましょう。

縦の長さ(滑れる所)は滑走距離という数字で表記されています。
最初の頃は1km程で充分楽しめますので、特に気にせず選びましょう。

普通に滑れるようになったら、3kmくらいのゲレンデを基準に選ぶと良いです。

自分のレベル向けのゲレンデか確認

スキー場には難しいコースが多いスキー場もあります。

どこのスキー場にも、初級、中級、上級コースがありますので、初級コースの所で練習しておけば大丈夫です。

最初は初心者向けのスキー場を選ぶことをオススメします。

初心者向けのスキー場では、全体的に角度が緩やかで横に広く、人と接触しにくい構造になっています。

上級コースの全体の割合が少ないというのも特徴です。

探してみると初心者のためのスキー場もあったりします。

初心者向けのスキー場は、リフトのスピードもゆっくりだったりするので、不安なリフトも安心して乗り降りする事が出来ます。

最初から難しい所に行くと、危険も多く、怪我もしやすいので、気にかけて選びましょう!

キッズスペースなどの設備をみる

供と行く時には、キッズスペースがとても重要になります。

とても充実してる所などは、歩く歩道などで子供が沢山遊べるようになっていたりします。

イベントなどが開催されるゲレンデもあったりしますので、そこから探すのもいいかもしれません。
場所によっては、女性に優しいスキー場などもあります。

初心者にオススメのスキー場

東京から近くインターを降りてすぐに着く、水上エリアがおススメです。

その中でも、初心者や、ファミリーの方には、たんばらスキー場か、ノルン水上スキー場がおススメです。

スキー場の選び方まとめ

いかがでしたでしょうか?
ウィンタースポーツをやるにあたって毎回悩む、スキー場の決め方について書きました。

最後にもう一度まとめると

・交通手段と、予算
・スキー場の大きさ
・スキー場のレベル
・キッズスペースなどの設備

スノーボードや、スキーを練習して、普通に滑れるようになってからは、より色々スキー場を探すことになります。

ここに書いてることを軸にスキー場を探せば、失敗せずに、自分に合ったスキー場を見つけることが出来ます。

自分に合うゲレンデに行き、ウィンタースポーツを思う存分に楽しんで下さい!

少しでも参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました