紙ストローはまずい? 対策方法を紹介

外で飲み物を飲むとき、プラスチックストローから紙ストローに変わりつつあります。

紙ストローに変わったことである問題が発生しました。それは、紙ストローを使うことで飲み物がおいしくなくなってしまうことです。

紙ストローの影響で飲み物がおいしくなくなってしまうと、次も飲みたいという気持ちがなくなってしまいます。また、飲みたいけれど紙ストローを使うということでためらってしまうこともあります。

この記事を読むことで得することは、紙ストローで飲み物を飲む抵抗感を減らすことが可能です。また、好きな飲み物をおいしく飲むことも可能です。

なぜ紙ストローを使って飲むとおいしくなくなるのか。理由は主に2つです。

・紙ストローがふやけてしまう点

・紙ストローで飲むこと自体が気持ち悪い点

の2つです。

また、紙ストローを使う場合の解決法は3つあります。

・飲むときだけ飲み物に入れて、飲まないときは外しておく。

・新しいものに交換してもらう。

・口の中で接触部分を減らす。

の3つです。

まずは、紙ストローを使うことでおいしくなくなってしまう理由から説明します。

 紙ストローがまずい理由1.ふやける

紙ストローを飲み物の中に入れると、ふやけて使いづらくなってしまいます。

プラスチックストローは、水に対しての耐久性が強いです。なので、飲み物の中に入れても形が変わらないため、何のストレスもなく飲むことができました。

しかし、紙ストローを水につけるとやわらかくなったり、形が変わったりしてしまいます。ゆえに、飲みづらさが増して飲み物がまずく感じてしまいます。

早く飲む人にはあまり影響がないと思われますが、ゆっくり飲みたい人にとっては問題が発生します。時間が経つにつれてどんどんふやけてしまうからです。

さらに、コーヒーなどを飲む際にも影響が出ます。砂糖やガムシロップを入れた後に、マドラー代わりにストローで飲み物を回すことがあるからです。紙ストローで混ぜてしまうと、飲み物につける時間が長くなってしまいます。したがって、ふやけるのが早くなってしまいます。

このように、紙ストローは水に対しての耐久性が弱いため、ストローがふやけてしまうので飲み物がおいしくなくなってしまいます。

 紙ストローがまずい理由2.感触が気持ち悪い

ストローは口につけて使うものなので、紙を食べている感触になってしまうのは避けられないです。なので、気持ち悪いという気持ちになってしまいます。

紙ストローを口から離す際に、唇に紙ストローが張り付いてしまうのが不快に感じることが多いです。理由は、飲み物の中で紙ストローが溶けて、紙の味が浸食して飲み物の味がおいしくなくなり、微妙な味になることがあります。

スムージーやフラペチーノなどの少し重みのある飲み物と紙ストローは相性が悪いです。普通の飲み物と比べて強く吸う必要があるため、より口の中に紙の味が伝わって気持ち悪くなってしまいます。

このように、紙ストローを使うことで紙の味が伝わってきてしまうので、気持ち悪さを感じてしまいます。

まずい紙ストローを使う時の解決策

解決策1.飲まないときは飲み物に入れておかない

紙ストローを使うことでおいしくなくなる理由の1つとして、ふやけてしまう点があります。

ふやけてしまう原因として、長時間飲み物に入れておくことです。飲むとき以外は飲み物から外してしまえばふやけ具合を抑えることができます。

蓋がついている飲み物などでは途中で引っ掛けることができるので便利です。

解決策2.新しいものに交換してもらう

紙ストローを使用しているお店の多くは、紙ストローがふやけて使いづらくなってしまったら、新しい紙ストローと交換してもらうことができます。

なので、少しでも使いづらいと感じたら交換してもらいましょう。

多くのお店では何回でも交換してくれるので、ゆっくり飲む人にとっても安心です。

解決策3.口の中で接触部分を減らす

紙ストローを使うことで気持ち悪い感覚になる理由は、口の中で舌に当たってしまって、紙を食べている感覚になるからです。

なので、舌になるべく触れないで唇だけで使うようにすると、紙を食べている感覚を抑えることができます。

具体的なやり方としては、ストローを奥まで入れずに歯で抑える感じで飲むと、気持ち悪さを抑えることが可能です。

解決策4.マイストローを持ち歩く

ここまで、紙ストローをどのように使えば解決するかを説明してきました。

ここで考え方を変えて、紙ストローを使わずにマイストローを使うことで、まずくなる原因を一気に解決することができます。

マイストローとして売られているものは、飲み物にいれてもふやけることがありません。

また、味の変化もないのでおいしく飲むことができます。

例として、ステンレス製のストローがあります。

このストローは金属でできているため、温度がそのまま伝わり、飲み物の味や香りを純粋に楽しむことができます。

他にも様々な種類のストローがあるので、ご自身で探してみてください。

まずい紙ストローの情報まとめ

この記事で書いたことをまとめると

紙ストローがまずい理由

・ふやける

・気持ち悪い

解決策

・飲まないときは飲み物に入れておかない

・新しいものに交換してもらう

・口の中で接触部分を減らす

・マイストローを使う

となります。

今後は紙ストローが主流になってくるので、お店で紙ストローを使わざるを得なくなっていきます。なので、この記事に書いてある解決法を実践していただいて、紙ストローの使い方に慣れていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました