納豆はまずいけど、健康にいいから毎日食べたい! レシピや食べられるようになる方法

Natto-is-bad日常の知識

日本の代表的な食べ物で、子供からお年寄りまで万人に愛されている納豆。

そんな納豆ですが納豆ってまずい!と思われる人も多くいると思います。

 

今回この記事では

納豆はまずいのに食べなきゃいけないの?

納豆は体にいいけど、無理して食べなくても良い

納豆はまずいけど、食べれるようになりたい

納豆をまずいと思う原因や、健康のために納豆を食べたい人のためのレシピ、選び方などを解説していきます。

 

納豆を食べずに納豆の素晴らしい恩恵を受けて元気でいられるサプリもあります。
>>【ナットウキナーゼ】
※初回限定特典は先着300人まで

納豆がまずい? 食べられない原因はこれかも

Natto-is-bad

納豆がまずいと思う原因として以下の3つが考えられます。

・納豆を食べ慣れていない

・安くてまずい納豆を食べている

・自分に合わない納豆を食べている

これらの理由により、納豆をまずいと感じている可能性があります。

 

納豆を食べ慣れていないため、まずいと感じる

納豆の独特の匂いや味は、納豆菌の活動によるものです。

 

納豆を食べていなかったために、独特の

匂い、味、食感

に慣れてないだけかもしれません。

 

子供の時に納豆を食べる習慣のなかった人は、大人になっても納豆を好んで食べる人は少ないです。

 

味覚とは様々な物を食べていくことで発達していき、嫌いな物が食べれるようになったり、好物になったりします。

 

他の国の食べ物も、食べ続けていれば慣れてきますので

食べ続けることで好物になる可能性もあります。

 

本当にまずい納豆を食べている

納豆の中にはまずい納豆もあります。

 

納豆は食品の中でも、個人の嗜好性が強く反映する食べ物だと思います。

本格的な藁納豆は食べ慣れてる人がいないので、市販ではあまり売れなかったりします。

 

自分に合わない納豆を食べている

納豆は粒の大きさが異なります。

 

粒の大きさで納豆の呼び方が変わります。

・極小粒
・小粒
・中粒
・大粒

この4つの大きさに分けられます。

 

大きさにより食感と、味のインパクト、ネバネバ感が異なります。

 

定番のオカメ納豆は極小粒となり、柔らかめでクセがあまりない商品です。

 

自分は極小粒が好きなので、大粒は食べたいと思うことがありません。

納豆が好き人間でも好みでだいぶ変わることが、わかっていただけると思います。

納豆はまずいけど食べるべき?納豆のメリット

nhk-taiga-drama-matome

 

納豆には5大栄養素と言われる、人間にの健康にとても大切な栄養が全て入っています。

・炭水化物
・タンパク質
・脂質
・ビタミン
・ミネラル

 

納豆を食べるメリットはとても多いです。

納豆を食べるメリットの中でも、特に嬉しい効果のものを書きたいと思います。

 

・疲労回復
・整腸作用
・美肌になる(アンチエイジング)
納豆が栄養食と呼ばれる理由が良くわかります。
女性が納豆を積極的に食べる理由が良くわかります。



納豆がまずいけど食べたい人へのおすすめ調理法

Natto-is-bad

次に納豆がまずいと思ってる人へのおすすめの食べ方を紹介したいと思います。

 

そのまま納豆を食べるより栄養価は減りますが、それでも十分すぎるほどの栄養があります。

 

納豆の苦手な部分が理解できれば、苦手な部分を無くして食べ慣れていけるので、いずれ好きになるかもしれません。

それでは解説していきます。

 

納豆を洗う

納豆を洗うことで、納豆のネバネバをある程度洗い流すことが出来ます。

納豆のネバネバが好きではない方にオススメしたい方法です。

 

納豆に酢を入れる

納豆に酢を入れることで、ネバネバが切れやすくなり、食べやすさが増します。

お酢を入れることで独特の風味も和らぎ、サッパリとした納豆を食べれるようになります。

 

納豆を味噌汁に入れる

納豆と味噌汁はとても相性が良いです。

2つとも大豆を発酵させて作っている物になるからです。

 

納豆のネバネバは味噌汁に入れることにより、ほとんどなくなります。

 

納豆を洗ってから味噌汁に入れた場合、ほぼネバネバせず、なめこ汁に近い口当たりになります。

 

納豆の独特の風味も味噌汁に取り込まれるので、ネギなどを多く入れれば、納豆を気にすることなく食べられます。

 

納豆チーズオムレツにする

加熱をすると納豆をの匂いは強くなるので、匂いがダメな方にはオススメできません。

卵とチーズで納豆の風味を減らし、ソースとマヨネーズで食べることにより、納豆の味はかなり薄まります。

 

納豆を小松菜や、野沢菜などで和える

このような野菜と一緒に和えると、臭みとネバリが消えます。

ここに梅干しなどを入れると納豆嫌いの方でも食べれます。

実際に納豆を食べれない人に出しても、「これなら食べられる!」と大絶賛していただきました。

 

納豆をカレーにいれる

納豆をカレーに入れることで、スパイスとトロミの中に混ざり、だいぶ誤魔化すことが出来ます。

納豆カレーにチーズを入れると、納豆の風味と、ネバネバがより隠れます。

 

納豆にめんつゆを入れる

めんつゆを入れることで風味が増し美味しく食べれます。

市販のめんつゆもまずい!と思う方はついて気になる方は、ぜひコチラもご覧ください

 

納豆がまずいと思う人への情報まとめ

natto is bad

最後にもう一度納豆のまずい情報をまとめると

・納豆を食べ慣れてないだけかも

・栄養価が凄すぎる

・納豆の種類によりだいぶ変わる

・調理法でまずいを軽減できる

 

納豆をまずいと思う人でも食べられるようになったりすることは、十分にあり得ます。

納豆を食べれるようになるメリットはかなり大きいので、頑張る価値はあります。

 

納豆を食べられるようになれば、体調を崩すことが少なくなり、日常生活が楽になることでしょう。

 

無理して食べる必要はありませんが、これを機に納豆を克服してみてはいかがでしょうか?


タイトルとURLをコピーしました