子供のスノボーやスキーのデビューはいつ頃から? どっちからやらせるべきなのか

ウィンタースポーツ

今では定番の冬のレジャーである、スキーやスノーボード。

最近では、スノボーも普通に受け入れているゲレンデが大半で、若者には特に人気ですね!

その中で、子供をウインタースポーツのデビューさせる時に迷うのは、スキーをやらせるのか、スノボーをやらせるのかだと思います。

ウィンタースポーツ歴15年の僕が、疑問を解決したいと思いますので、今年からデビューを考えている方の参考になれば幸いです。

子供のウィンタースポーツのデビューは

スキー

にしましょう!

スキーにするべき理由

1.簡単なので滑る楽しみを味わえる

2.滑りをコントロールしやすいので、事故や怪我に繋がりにくい

3.転びにくいので、雪で濡れにくい

4.小学生のスキー教室を楽しめる

簡単で滑る楽しみを味わえる

スキーは半日教えてあげれば、子供でもハの字(ボーゲン)で滑れるようになる子も多いです。

逆に、スノボーは大人でも難しく、一度行って滑れずに辞める人も多数います。

また1日しっかり練習して、木の葉滑りで滑れるようになるには、ある程度の身体能力が必要です。

スノボーを最初に挑戦させて、挫折すると

「ウィンタースポーツが楽しい!」と思う前に

「ゲレンデなんかに行きたくない!」

なんて言われてしまうかもしれません。

なので、まずは滑ることが楽しいと思えるようにしてあげましょう!

2.滑りをコントロールしやすいので、事故や怪我に繋がりにくい

ハの字で滑れるようになると、スピードを出し、飛ばすこともなくなり、スピードのコントロールもしやすいです。

また障害物を避けたり、曲がったりなども出来るので、危険が少なく一緒に楽しむことも出来ます。

スノボーは両足がくっついてるので、いざという時も、転びやすく、手首などを捻挫したり、受け身が取れにくいかったり、酷い時には、重大な事故に繋がりやすいです。

3.転びにくいので、雪で濡れにくい

スキーは立ったまま脱着ができるので、スノーボードみたいに、座ってお尻が濡れたりしないので、体が濡れにくいです。

スノーボードは簡単に転んでしまうのに比べ、スキーは転ぶことが中々ないので、ウェアが濡れにくく、ウェアの中にも雪が入りにくいです。

なので、体が冷えたりしにくいので、小さい子供や、幼児にも、底冷えしにくいのでおススメです。

スキー教室で楽しめる

小学校などで恒例の「スキー教室」の時にも、最初からスキーを楽しめます。

スキー教室で、「スノボーなら出来るよ!」なんて言い訳を言わせないように、スキーをできるようにしといてあげましょう!

また、スノーボードを滑る時も、雪や、滑る感覚がなんとなくわかるので、上達がとても早いです。

まとめ

まずは楽しい思いをさせてあげて、雪で遊びたい!と思ってもらえるようにしましょう。

雪の感覚や、特性を覚えさせてあげることにより、難しいスノーボードも短期間で、出来るようになります。

ウィンタースポーツは、一度覚えれば、自転車と一緒で、一生楽しむことができます。

嫌な思いをさせずに、子供たちに財産として、スキーや、スノーボードのスキルを覚えさてあげましょう!

タイトルとURLをコピーしました