【ブログ】ubbi おむつペール 臭い移りを取る唯一の方法

オムツを捨てるのにとても助かるubbiオムツペール

ですが、長く使っているとオムツの臭いが移ってしまい、とても耐え難い臭いがしてきます。

夏なんて開けたくないくらいの、嫌な臭いがしますよね。

そこで、実際に我が家で試して唯一脱臭に成功した、ubbi おむつペールの臭いを取る方法を紹介します。

先にその方法を紹介するとオキシー漬けです。

注意点や、おむつペールの変わりになる超優秀なグッズもありますので気になる所だけ、見てみて下さい。

ubbiおむつペールの臭い移りを取るのに試した方法

ubbiおむつペールは本当に臭い漏れがなく素晴らしい商品で、基本メンテナンスフリーです。

公式サイトでもこのように書いてあります

ウッビィのおむつペールは基本的にメンテナンスフリーです。ですが、定期的に清掃を行ってください。表面を、ぬるま湯と中性洗剤で濡らして固く絞った布かスポンジで拭いてください。クレンザーなどの研磨剤は使用しないでください。https://www.nihonikuji.co.jp/ubbi/more.html

ですが、オムツ臭いはやはり移ってしまいます。

幾度となく臭いを取るために以下の方法を試しました。

・お湯洗う

・洗濯洗剤で洗う

・漂白剤に漬ける

・ファブリーズ

これらでも全てダメで、諦めていました。

ですが、たまたま家にあったオキシーが何気なく目に入ったので、オキシー漬けを試してみたところこれが大当たり!

期待してませんでしたが、洗い終わったて嗅いでみると、見事に臭いが取れていました。

ubbiおむつペールの臭いを取る実際のやり方解説

実際にオキシーをどう使って脱臭したのかを解説します。

超簡単です。笑

1.付属スプーンで2〜3杯入れておむつペールの中に入れます。

2.その次に中の部分がヒタヒタになるまでお湯を入れる

3.放置

4.1〜2時間後中身を捨てよく洗い流す

これだけで臭い移りが取れて、臭くないおむつペールに戻ります。

ubbiおむつペールの臭いを取るときの対策で注意すること

おむつペールの中の臭いを取るのにオキシー漬けすることを先程紹介しましたが、注意することがあります。

それはしっかり乾かすこと

オムツペールはプラスチックを加工して作られています。

ですが、所々金具で止まっている部分がありますので、濡れたままにしておくとサビが出て劣化が早まってしまいます。

サビが見えるとフタを開けた時の気分もあまり良くありません。笑

なので、洗い終わったら一通り拭いて、乾かしてから使用しましょう。

ubbiのおむつペールを使わずにオムツを捨てる方法

実はもう自分の家ではおむつペールを使っていません。

最強に臭いを閉じ込めることの出来る防臭素材で作られている袋を利用しています。

これが凄い、本当に優れもの。

全く臭いが漏れない。

外出先でのうんちとか持ち運ぶのしんどいですが、これを使ってからはリュックに入れてることすら忘れてしまう程の性能!

使用済みオムツの臭いが嫌な方は、これを使うのが1番の解決策だと思います。

ubbiおむつペールの臭い移りを取る唯一の方法まとめ

おむつペールの臭い移りを取る情報をまとめますと

オキシー漬けをする

しっかり乾かす

脱臭袋が1番楽でおすすめ

我が子といえど耐え難いオムツの臭いを取る方法と、解決策の説明でした。

ぶっちゃけ袋にしてからストレスフリーです。

少しでもいいかもと思った方は試してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました