育児疲れは旦那や家事が原因? 夫婦で今すぐ解決すべき問題とは

家事

いつもお疲れ様です。

ママさん達は家事に育児に、見えない部分でとてもお疲れだと思います。

そんな時ふと「育児に疲れた、なにもしなくない、、、」など思うことがあると思います。

育児や家事の疲れには、旦那が参加してくれないことが、大きな原因の1つになっているのではないのでしょうか?

僕の家も、自分は手伝っているつもりでも、全然出来ていないという状況が続いてしまい、妻が疲れてしまったことがあります。

疲れてしまった時に、どう対処していくべきか、我が家を事例に出しながら、書いていきたいと思います。

こんな人に見て欲しい

・育児、家事に疲れた人
・旦那がなにもしない
・育児の疲れが取れない

育児疲れの対処法

・親に頼る
・パートナーに言う
・サボる
・家事の自動化

家事や育児は休みがほぼなく、24時間、365日活動してる状態になってしまっています。

家事だけ、育児だけ、1つだけでも大変なのに、両立するなんて本当に大変ですよね。

1人の時間がないこと、子供をずっと見ていないといけないプレッシャー、家事をしないとサボってると思われんじゃ、、、という他人の目など、心にかかる重圧は、とても言葉で言い表わすことは出来ません。

人に甘える

疲れてしまった時にまず、甘える人がいる場合は、その人に甘えましょう。

一番身近で、親身になってくれる、親がいる場合は、甘えて、手伝ってもらいましょう。

とても暖かく手伝ってくれる人も多いと思います。

子供を預けるなんて、、、と思う人もいるかもしれませんが、自分のメンタルをキッチリ治さないと、子育てに専念することはとても難しくなり、酷くなってしまうと、復帰するのにも余計時間がかかってしまいます。

親に甘えられない場合は、サービスに頼りましょう。

家事代行サービスなどを頼み、家事等をやってもらいましょう。
その間は、子供はいますが、自由な時間が作れます。

もし子供を預けられるなら、預けて思い切り羽を伸ばすのも良いですね。

家事自体を短縮することも考えてみると良いかもしれません、こちらが参考になると思います。

家事を自動化する方法、自動化は家電だけじゃない!

 

朝や、夜は夫にお願いする

相当なブラック企業でない限りは、朝か、夜に夫に、育児か家事をどっちかをお願いしましょう。

お母さんが、家庭のことをやるのは当たり前! みたいな風潮がありますが、夫がやらない理由にはなりません。

パートナーにお願いする時は

何故お願いしてるのか、何をして欲しいのかをちゃんと伝えましょう。

例えばですが

「育児と家事を1人でやって、とても疲れちゃった。このままだと辛いから、悪いけど○○を手伝って欲しいな。」と言うと男は理解しやすいです。

「家事を手伝って!」

などの抽象的な言葉だと、何をしていいかわからないので、なるべく具体的に少しずつお願いし、パートナーがやれる事を増やしていきましょう。

なにもしたくない時はいっそのことサボる

何もしたくない時は、いっそのことサボりましょう。育児はサボってはダメですが、、、

なんでも無理して、完璧にこなす必要はありません。
自分の親と比べたりしがちですが、人種が違うんだと、認識しましょう。

無理にやる気を出すことは、とても疲れることです。

たまには、いっそのことサボりましょう。

旦那が何もしない

旦那が何もしてくれない家庭もあると思います。

そんな時は、しっかり話し合い分担しましょう。

旦那は仕事が忙しいなどの言い訳をしたりしますが、一部の人を除いて、仕事をしてるだけの方が数倍楽だと思います。

最初から話も聞いてくれない。などの悩みがある方も話をし、やってくれるように頼みましょう。

それでもダメなら、一回思い切り衝突するのも、1つの手段です。

僕はこれで意識が劇的に変わり、手伝うようになり、家族仲も仲良くなり、お互いに自由な時間も出来たりと、メリットしかありません。

ダメ旦那には、家事や育児の大変さを、わからせるべきです!

今では娘と一日中一緒でも、家事も全て終わらせ、公園に連れてったり、買い物に行ったり、お留守番することも、出来るようになりました!

育児の疲れが取れない

京都府のホームページで、一言アドバイスがもらえる育児疲れのチェックができます。

http://www.pref.kyoto.jp/kateishien/gyakutai_06check.html

育児疲れは

・自分の都合が合わないことによること
・24時間自分の時間がないこと
・慢性的な疲れ

などにより、疲労が溜まり、メンタルをやられてるような状態になっています。

解決するには、自分が好きなことや、ストレス発散ができることをし、日常に楽しみを見つけることです。

理想的なストレス発散方法は、ジョギングやランニングなどの、運動です。

意外かもしれませんが、ランニングやジョギングなどの軽い運動は、凄く体とメンタルにとても良いです!

うつ病ですら、ランニングやジョギングを続けることで、完治してしまう程、効果があるものなのです。

他には、カラオケや、温泉、サウナ、森林浴なども、心や体に、爽快感を与えてくれ、ストレスの発散出来ます!

まとめ

育児疲れや、家事疲れは、根本的な部分を解決しないと、長い間苦しんでしまいます。
親が体調や、気を病んでしまうと、家庭どころではなくなってしまいます。

自分や、子供、家庭を守るために、無理をせず、分担しながら協力してもらいましょう。

旦那なんてどうせと諦めてしまうと、自分ばかりが大変になってしまいます。
毎日続けることの辛さを、少しでも軽減させていくようにしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました