安部裕葵の人生まとめ、育ち方を考えて、参考にする。

子供ための知識

サッカーの日本代表である阿部裕葵(あべ ひろき)選手がヨーロッパの名門クラブFCバルセロナに移籍するのが決まったみたいですね。
なんと20歳での移籍です、イケメンですよね。
詳細:Yahooニュース

今のプレースタイルはドリブルはもちろんのこと、相手とのタイミングをずらすワンタッチ、ウイイレみたいなパス、隙を見つけたシュートなど、鮮やかなスマートなプレーが多いです。
更にボールへの執着心が強く、ハングリーなプレーも、グッときます。

 

目標の選手はチェルシーのアザール選手で、安部選手の得意とするドリブルは、このように進化していくのでしょう。

エデン・アザール スーパープレイ集

サッカーを中心に若い選手の功績が凄いですね。
親の目線から考えると、「好きなこと頑張って成果を出せる子供」になるように育てるにはどうすればいいのかななんて考えることもあると思います。
その中で、めでたくバルサBチーム行きが決まった阿部裕葵選手の育ち方や、考え方について、考えたいと思います!

阿部選手の人生はどんな感じ?ポイントをまとめてみた

小学生時代

小学生の頃に兄の影響でサッカーをはじめるも、有名な選手ではなかったが、北区の最終学年の決勝で大金星をあげ、優勝へ導く。
トレセンで落ちたりする地区内で留まる実力の選手だった
ボールをとにかく離さず走りまくり、暴れまわる選手だった。

中学生時代

中学生の時に、部活では難しい制限などがあったので、嫌だった。
実力がないのを自分でわかっていたが、親の勧めでレセクションを受け、現在のS.T.FOOTBALL CLUBへ
元々は違うチームだが、中2から中3に上がる時に、本田選手がプロデュースしたソルティーロが買い取り、本田選手と一度だけミニゲームをした。
この頃から家庭のお金などを考えプロを考える。

高校時代

高校は地元を離れ広島を希望、親の反対を押し切って進学。(親の判断でやっている感覚が嫌で、自分の力で生きたいと思っていた。)
広島を選んだ理由は、高校三年の時にインターハイの開催地であるので枠が2枠に増えるため、プロ入りを最初から視野に入れていた。
自分で情報を集め、自分で考え、最適な道を見つけた。

先のことは特に考えず、ダメで元々。の考えの持ち主で、高校では挫折などはなかった。
、高校でJ1から声がかからなければプロはだめだと言われ、浪人し勉強して良い大学へ行こうと考えていた。(鹿島からオファーがくる。)
元々エゴなプレーだったが、周囲の意見を受け入れていた

高校二年生くらいから、マークがきつくなり始め、プレースタイルがドリブル中心の選手から、パスをしたりと、判断が上手な選手になっていった。
その時に、県内トップレベルの選手達と試合をし、その選手たちの実力を基準を、ものさしとしていた。

親や、兄が頑張ってるのを見て、自分も頑張らないとな、と思った。
それと同時にとにかく親を見返し、超えたかった

現在はどんな練習も、試合でも、同じテンションで臨んでいるという。
大舞台に強い選手を目指す。
U-20日本代表の背番号10番、鹿島アントラーズエースから、世界のNo.2ビッククラブのFCバルセロナへ

 

育ち方を調べ、色々考えてみた

安部選手は多分人生二回目ですね。笑
将来の目標の決め方が抜群にうまく、そこに向かって期待を抱かず、今を熱中できることが強みですね、そして勝負強く、ワガママ。
プレースタイルもそうですが、考えられる直感型だなと思いました。

小、中学校では無名だったことから、中学校後半~高校生の間がポイントなのだと思います。

小学生時代を考える

ですが、とにかくボールを触りたく、追いかけまわしていたこと、自由なボール感覚と、肺活量はここで養ったのかと。
「自分は何をやってもダメだ」と思考回路があり、ダメで元々の精神がプラスに作用し続けていることは、大きいと思います。
大人でも中々できない思考回路ですよね?

特に子供なら、自分はダメだ精神を持っていたら、普通は塞ぎ込んでしまうんじゃないかなと。

逆に慰めたり、叱ることをするのではなく、自由を与えるために、開き直させるように寄り添うことも大事なのか、と気付きました。
開き直ると、発想のリミッターが解除され、感覚でいい動きが出来ることもあるのだろうと。

大人で言うと、休憩の時にいいアイディアがでるような感覚ですかね。
子供は、心が強くなるように、ネガティブも、ポジティブも人生がよくなるような考えを一緒に考え、自由に育てるのがいいのではないか?と思いました。

安部選手の今を決めた中学二年頃

プロになるためには?と考え行動し自立していた訳ですが、もし失敗して浪人になっても、頑張れるし、這い上がるのだろうなと感じます。

自分を含め、大人でも0から考えて納得し、行動し続けることは、大変難しいことです。
それをやれることは、人生の幸福度や、満足度に関わってくると思います。

自分の人生を振り返ると、中学二年生で、自分の将来の道を考えられる子が出てきはじめて、その時に、自分で考え、決断して行動した子は人生の迷いが少なく、筋が通っている感じがします。

自立出来る子は、自立させ、親と一緒じゃないとダメな子は気にかけてあげ、子供がやりたいことを考え付くように、親も考えないと行けないのかなと、思います。

憧れや、恩師に出会い、レベルの高いところに行く

少しでも憧れである、プロの本田選手に会えたことは大きいと思います。
きっと大人ですら、今憧れの人に出会ったら人生が変わりますよね?
それを思春期に味わえたことは、かなりいい影響を与えていると思います。

高校では恩師の言葉を素直に聞きながらも、自分は捨てず、徐々に変化し、一気に上手くなったようです。
素直に受け入れることは本当に難しいです。

自分はダメだの精神があったから、謙虚だけど、自分は自分らしく持ち自分を良くしていけたのかなと思いました。
レベルの高い選手といることで、目標が知らぬ間に現実になっているので、憧れを抱いたら、とりあえず体感することが大事なのですね。

自立しても子供は親を見ている

親が頑張っていたから、自分も頑張らないと。と思ったそうですが、親が頑張っている背中を見せることは、いい影響を与えるそうです、研究結果でも、そのような結果が出ています。
その中で、親を超えたいと思わせれることを考えたいですね。

まとめ

安部選手のことを知り、調べ、考えましたが、近い将来スター選手になれるメンタルを持っていると思います。
本田選手のようなタフなメンタル、挫折をしない心、先は考えず常に100%集中、緊張しない、素晴らしすぎます、ベテランの域ですね。

子供に対して考える育ち方より、自分に先に取り入れるべきだと痛感しました。笑
本当に尊敬しています。

その中でも子供のために考えたいことは

・自由な考えを邪魔しない。
・ネガティブも個性だから、どうすれば人生にいい影響を与えられるようにできるか考える。
・子供が考え納得し、自立するためにどういるべきか考える。
・いいアドバイスをしてくれる恩師を探す

以上のことを考えたいと思います。
教育が日本より10年進んでいると言われるオランダでは、授業ですら小さい頃から自分で決めてやるそうなので、いかに子供の個性を導くかが、課題になりそうですね。

安部選手が怪我無く、海外でのトップリーグで活躍することを心より願っています!

タイトルとURLをコピーしました