【映画】キングダムは酷い!?原作を知らない人でも楽しめる?素直な感想を書いてみた

Kingdom movie terrible映画

2019年4月19日に公開された実写映画「キングダム」

原作者:原泰久 氏による「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気漫画が、豪華キャストによって実写化されました。

最近、人気漫画を実写化して大コケしている作品が多々ありますが、この「キングダム」はいかがなものか、原作を知らない人でも楽しめるのか。

「キングダム」に興味はあるけど、原作も知らないし、面白いのか不安、、、という方の為に感想を書いてみました。

アニメ「キングダム」無料期間で見る>>【U-NEXT】公式サイト

【映画】キングダムのあらすじ

紀元前245年、中国春秋戦国時代。孤児で奴隷の身分のあった少年信と漂は、天下の大将軍になることを夢見て日々稽古に打ち込んでいた。そんなある日、剣術の稽古をする二人の前に秦国王に使える大臣・昌分君が現れる。そして、どういう訳か漂を王宮へ仕えさせたいと言う。将軍へなることへの近道になるかもしれないと、喜んで送り出す信と、送り出される漂であった。しかし、ある晩、漂は瀕死の状態で信の元へ戻ってくる……。そして、命からがら信に地図を渡し、力尽きるのであった。信は漂から受け取った地図を頼りに目的の場所まで走っていく。すると、そこには死んだはずの漂が佇んでいた……。

ーーーーーーーーーー

完全初見で映画「キングダム」を観た感想、酷いって何?

原作者・原泰久先生が脚本に加わっているので完全初見でも原作の世界感を楽しめます

アクションシーンがかっこいい!アクション監督自ら出演していて必見

舞台は中国、CGは少なく、壮大な風景、馬・人も大軍勢で圧倒的な迫力

長澤まさみさん本当にはまり役!美しく、強く、カリスマ性抜群!

ストーリーは原作の世界観をそのままに再現

実写化映画化でたまにあるのが、原作の意図を無視したストーリーの改変です。

何が酷いと言われてるのかわかりません、、、。

例えば、原作は戦闘メインの激しいバトルものが、実写化では何故か恋愛要素を追加してしまい、全体の世界観が台無しになってしまうことがあります。

これでは原作ファンはもちろん、原作を知らない人でも「思っていたものと全然違う!」「結局なにがメインの映画だったんだ?」と低評価を付けざるを得ないでしょう。

映画「キングダム」にそのようなことは、ありません。

酷いとは何を持って言われてるのか。

観た後で知りましたが、実は原作者・原泰久先生が脚本に参加している為、ストーリーやキャラクターの設定はしっかり原作を踏襲されているのです。ご安心を。

そして原作を拝読したのですが、なんとセリフがほぼそのまま使われていたり、個性的な衣装やキャラクターの再現度が高く、原作の再現性が半端ないんです。

また、歴史モノであるこそ実際に中国の城で撮影したりと、原作のイメージを崩す事なく、再現のこだわりが感じられます。広大な風景や大軍勢、アクションなど臨場感や迫力が増し、その世界観に引き込まれること間違い無しです。

ちなみに原作でいうと5巻までの物語が進みます。

続きが気になる方は是非原作を読みましょう。

映画「キングダム」は酷いどころか、戦闘シーンがめちゃアツい!

殺陣は本当に期待して良い!とても素晴らしいです。

日本の昔のアクション映画って、ワイヤーアクションバレバレの不自然さ丸出しっていうイメージがあったのですが、「キングダム」のアクションには不自然さは感じませんでした。

生身のアクションがバリバリ使われていて、カメラワークも相まって、スピード感もあります。

生身の戦闘シーンは、漫画には出せない実写の魅力ですよね。

主人公(信)は常に生きるか死ぬかのギリギリの精神状態で闘うシーンが多いので、観てる側もついつい力を入れて見入ってしまいます。

終盤の主人公と最後の強敵(左慈)との戦闘シーンは、本当にアツいので、期待してください。

ちなみに左慈役はアクション監督の坂口拓氏が演じてます。

最後の殺陣シーンの撮影では、一分間長回しの「ガチ殺し合い」で行ったみたい(本編ではカットされたそうです笑)で、気合の入り方が違いますね。

キャストの原作愛が半端ない、役作りがすごい

実写化で問題になりやすいのが、配役ですよね。

「原作のイメージに合っていない」「この貴キャラを演じるのはあの人しかいない」などの意見を良く聞きますが、漫画のキャラを人が演じるので、100%ピッタリな配役というものは存在しないものです。

「キングダム」も例外ではなく、そういった心配は上映前多くの方がされていました。

しかし、映像が公開されるとキャラクターの再現度の高さに原作ファンも期待値が一気に上がったそうです。

キャストの皆さんも役作りに相当気合が入っていて、主人公 信を演じる山崎賢人さんは厳しいアクション練習に加え、炭水化物を抜き、撮影中に10キロの減量に取り組んだそうです。

また原作で人気のキャラクター王騎を演じる大沢たかおさんは、原作の屈強な肉体を持ち迫力のある王騎のイメージに合わせるために肉体改造を行い、なんと15キロの増量を行っています。

そして山界の王・楊端和を演じる長澤まさみさんはアクションシーンで剣に振り回されないようにと毎日素振りを100回行ったそうです。

原作ファンも認めるキャラの再現度の高さは、キャストの原作に対するリスペクトがあったからなんですね。

この作品が如何にファンからもキャストからも愛されているのかが分かりますね。

映画「キングダム」は酷い?感想のまとめ

映画「キングダム」は、きっと楽しめる映画です。それは原作の再現度が半端ないからです。悩んでいる方は、是非観てみてください。最後に要点をまとめておきます。

・ストーリーは原作を元に忠実に再現されているから、原作を知らない人でも作品の世界観を存分に味わえる

・アクションは不自然なワイヤーアクションは無し、舞台が壮大で迫力が圧倒的!

・最後の殺陣は必見、緊張感がすごい

・キャストの原作へのリスペクトがすごい

タイトルとURLをコピーしました